矯正科

ホーム > 矯正科
Menu

診療科目

矯正科

歯ならびや噛み合わせをより良くする治療を行います。
矯正治療により咀しゃく機能(食物を噛み砕く能力)や発音機能の向上、口もとの審美性の改善がはかられます。

治療対象となる方は、乳歯列期のお子様から成人の方を含めた永久歯列の方まで幅広い年齢層に対応可能です。治療方法も従来の金属製の矯正装置に加え、目立たない矯正装置、歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療、舌側矯正治療なども選択可能です。

また顎変形症(あごの変形)や顎関節症(あごの関節の病気)の治療には、各種専門の検査機器(顎口腔機能総合解析システム、三次元CT撮影装置など)を併用することにより診断精度を高めており、必要な場合には他科とのチームアプローチによる高度な治療も行っております。

なお、顎の変形を有する方や唇顎口蓋裂の方、保険診療で定められた先天的な疾患を有する方には、保険診療が適用されます。

  歯科矯正学講座オリジナルサイト

診療責任者 友成 博 教授
診療スタッフ

菅崎弘幸、関谷利子、及川 崇、新井千博、梅木大輔、和田悟史、宮本 豊、須藤智省、成宮 毅、
多田佳史、伊藤愛子、黒岩哲良、中村浩昭、山田祐子、伊藤孝明、勝又裕太、村上真澄、吉澤 舞、  小澤絵理香、小林史卓、塩谷沙慧子、瀬古琢也、遠山俊之介、西田倫子、田中 健、藤関聡子、    三橋 渉、尾上智洋、狩谷千尋、佐々木耀史、新保雄大、佐々木喬央、佐原早彩、長岡清美、     溝上基一郎、山本惇一

Close

鶴見大学歯学部附属病院

病院長の挨拶
診療内容のご案内
診療科目
専門外来
診療の手続き
歯科の病気のお話
歯科医師臨床研修
臨床研修プログラム
病理組織検査受託について
樹状細胞ワクチン療法
口腔がん診療体系について
フィブリノゲン製剤を使用した可能性のある方へのお知らせ
お問い合わせ
医療関係者の方へ
『緊急事態宣言』に伴う当院の対応について