口腔外科・顎顔面外科・口腔内科

ホーム > 口腔外科・顎顔面外科・口腔内科
Menu

診療科目

口腔外科・顎顔面外科・口腔内科

口腔外科では、口、アゴ、顔面の様々な病気やケガについて幅広く治療をしています。例えば、事故などによるアゴの周りの裂傷、歯の破折、アゴの骨や顔の骨の骨折、歯肉や顔面が化膿した場合の治療、親知らずなどの難しい抜歯、高血圧や糖尿病などの全身疾患を持った患者さんの抜歯、口を開けるとアゴが痛いなどの顎関節の病気、口唇口蓋裂、口腔がんなどに対する治療を行います。このほか、アゴの骨の変形に対して矯正歯科とともにかみ合わせを考慮した共同治療を行っています。

また、口腔がんの手術後などでは、噛む、飲み込む、話すことが困難になったり、手術痕による審美的問題が生じることがあります。
口腔外科では、これらに対する機能回復、形態的・審美的回復を目的とした専門チームによる一貫治療を行っています。
Close

鶴見大学歯学部附属病院

病院長の挨拶
診療内容のご案内
診療科目
専門外来
診療の手続き
歯科の病気のお話
歯科医師臨床研修
臨床研修プログラム
病理組織検査受託について
樹状細胞ワクチン療法
お問い合わせ