保存科(むし歯・歯周病)

ホーム > 保存科(むし歯・歯周病)
Menu

診療科目

保存科(むし歯・歯周病)

歯冠修復治療(むし歯の治療、審美的治療)

むし歯などにより崩壊した歯やスポーツなどで外力が加わり破折した歯などに、本来の形や働きを回復させる治療を行っています。無痛治療を目標に、痛くなく出来るだけ歯を削らずに、必要な部分だけプラスチックなどの人工材料を歯に接着させ、修復する診療を行っています。また、薬を用いて変色した歯を漂白し、審美的に回復することも行っています。

歯周治療(歯肉の炎症、歯周病の予防・治療)

歯肉からの出血、歯のぐらつき等の歯を支えている骨(歯槽骨)の病気や口臭等の治療を行います。歯ブラシ指導や歯石除去を行い、病気の進行が激しい場合は、歯周外科処置や歯周組織の再生療法等を行います。

歯内治療(歯髄炎、根尖性歯周炎等の治療)

歯の神経の病気(歯髄炎)の治療や歯根の先端周囲に細菌が感染してできた化膿性の病気(根尖性歯周炎)の治療を行います。外傷により脱落や破折をした歯の治療や象牙質知覚過敏症の治療等も行います。
Close

鶴見大学歯学部附属病院

病院長の挨拶
診療内容のご案内
診療科目
専門外来
診療の手続き
歯科の病気のお話
歯科医師臨床研修
臨床研修プログラム
病理組織検査受託について
樹状細胞ワクチン療法
お問い合わせ