病院長の挨拶

ホーム > 病院長の挨拶
Menu

病院長の挨拶

病院長 五味一博

 本学附属病院は1970年に開院して以来、50年以上にわたり地域の基幹病院として地域医療に、そして社会のニーズに応えながら歯科医学・医療の発展に貢献してまいりました。超高齢社会をむかえた現在では、医療の目的は疾患の治療のみならず、健康で快適な生活をおくるために小児期から高齢者にわたるあらゆる年齢層における口腔の健康管理および口腔の機能維持が求められるようになっています。また、歯科疾患、特に歯周病が糖尿病、閉塞性動脈疾患、誤嚥性肺炎など全身に大きな影響を与えることが示されるようになり歯科医療の果たす役割はますます重要となっています。そのために必要な医療機器ならびに医療技術の充実に努め,患者様に良質な医療を提供しています。さらに、患者様のさらなる健康維持を目的として内科および眼科を設置するとともに、医科歯科連携による睡眠時無呼吸症候群の診療や周術期の患者様に対する周術期等口腔衛生管理にも当たっています。
 歯学部附属病院である当院は医育機関でもあり、本学の建学の精神『大覚円成、報恩行持』に基づいた教育に従い、歯学部学生や臨床研修歯科医の教育に当たっております。すなわち人として自己を高め、高い職業倫理と歯科技術を備え、多様な職種と協働し、社会に貢献できる歯科医師を輩出しています。
 また、開放型病院である当病院は県内・外の病院、診療所等の医師・歯科医師の方々に検査・診療機器を開放するとともに共同での診療を行うことができます。積極的なご活用をお待ちしております。
 これからも、鶴見大学歯学部附属病院ではスタッフ一同、力を合わせ患者様に適切な医療を行うことで皆様の健康管理に積極的に携わっていく所存です。本病院に対しまして何卒ご理解をいただき、一層のご支援を心よりお願い申し上げます。

鶴見大学歯学部附属病院
病院長 五味一博

Close

鶴見大学歯学部附属病院

病院長の挨拶
診療内容のご案内
診療科目
専門外来
診療の手続き
歯科の病気のお話
歯科医師臨床研修
臨床研修プログラム
病理組織検査受託について
樹状細胞ワクチン療法
口腔がん診療体系について
フィブリノゲン製剤を使用した可能性のある方へのお知らせ
お問い合わせ
医療関係者の方へ
『緊急事態宣言』に伴う当院の対応について