文学部タイトル

つづられた言葉の中に、人間の本質を見出していく

日本文学科言葉とは、文化、社会の基礎です。日本文学を学ぶとは、社会の根幹を見つめ直すことに他なりません。古典や漢文を始め、さまざまな資料を読むための基礎を一から学び、貴重な文献に触れながら、日本語の表現である日本文学を通して、人間の本質を探ります。自ら考え、発見する楽しさを知り、生きるうえで必要なあらゆる能力を磨くことができる学科です。

 

  矢印 こんな人にオススメ

  • 本を読むことや文章を書くことが好き  
  • 国語や書道の教員になりたい
  • 古典や漢文を読めるようになりたい
  • 日本の文化や歴史をもっと知りたい

 

学科の特徴

アイコン(旗) 01;日本文学を基礎から見つめ直す

古文・漢文・現代文の専門科目を1年次から段階を追って学習します。
古典文法や漢文訓読に自信のない人も、確かな専門知識を身につけることができます。

アイコン(旗) 02;奈良時代から現代までの文学を専門教員が指導

上代から近現代まで、全ての時代の日本文学を学ぶことができます。書道、中国文学、日本語学などの関連分野も深く学ぶことができます。充実したスタッフを揃えています。

アイコン(旗) 03;全国屈指の図書館が有する豊富で貴重な資料を活用

充実した図書館施設が最高の学習環境を提供します。日本文学を広く深く学ぶための専門書が揃っています。本物の古典籍などに触れながら学習できます。

アイコン(旗) 04;国語・書道の教員免許、司書教諭や司書の資格を取得できる

中学・高校の教員を目指して多くの学生が努力しています。国語教育や書道の専門スタッフが、少人数クラスで丁寧な指導を行います。図書館司書、司書教諭、学芸員の資格も取得できます。

 

取得できる資格

図書館司書や学芸員の資格も取得できます。

本学科では、卒業と同時に「中学校教諭一種免許状(国語)」「高等学校教諭一種免許状(国語)(書道)」が取得できる教職課程、「図書館司書」や「司書教諭」の資格を取得できる司書・司書教諭課程、「博物館学芸員」の資格を取得できる人文系学芸員養成課程を開設しています。卒業に必要な単位に加え、各資格所定の科目の単位を修得すると取得できます。

  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(国語)(書道)
  • 図書館司書
  • 司書教諭
  • 博物館学芸員

※司書・司書補講習(夏期集中)で「図書館司書・司書補」の資格を取得するなら〔一般(受験生・在学生以外)の皆さんはこちらへ〕

 

VOICE 教諭[教職課程]

高橋 琴美さんの写真
川崎市立渡田中学校 教諭
日本文学科 2017年3月卒業
高橋 琴美 さん

心がけていたのは、一回一回の授業を大切にすることです。課題を提出する時は期限を厳守し、内容の質を上げるなどして単位の取得に努めてきました。また教員採用試験を受ける際は、地道に過去問等を使って勉強し、教職と授業の中で小論文対策を行いました。

 

進路状況

就職状況のグラフ画像

 

文学部卒業後の進路

就職内定までの流れ

 

卒業後の進路

今川 奈月さんの写真

今川 奈月さん
日本文学科 2018年3月卒業
ちふれホールディングス株式会社 ビューティーアドバイザー

店頭でお客様の肌のお悩みを聞きながら、世間話をしたり体調を伺って信頼していただける接客を心がけています。以前は人前で話すことが苦手でしたが、大学で自己紹介をする授業や、自分たちが調べたものを発表する場面が多くあったため、今はお客様の前でもあまり緊張せずに話すことができています。また、グループディスカッションやグループ演習を経験したことで、スタッフ同士で話し合いをする時にも臆せずに発言することができています。レポートや論文作成時には、一つの課題に対して複数の証拠や根拠を持たせることで説得力がつくことを学び、気になったことはその場ですぐ調べるようにもなりました。業務内でも聞かれて分からないことはその場で調べ、スタッフとも共有することが次の接客の際に役立っています。