文学部タイトル

つづられた言葉の中に、人間の本質を見出していく

日本文学科言葉とは、文化、社会の基礎です。日本文学を学ぶとは、社会の根幹を見つめ直すことに他なりません。古典や漢文を始め、さまざまな資料を読むための基礎を一から学び、貴重な文献に触れながら、日本語の表現である日本文学を通して、人間の本質を探ります。自ら考え、発見する楽しさを知り、生きるうえで必要なあらゆる能力を磨くことができる学科です。

  矢印 こんな人にオススメ

  • 本を読むことや文章を書くことが好き  
  • 国語や書道の教員になりたい
  • 古典や漢文を読めるようになりたい
  • 日本の文化や歴史をもっと知りたい

 

学科の特徴

アイコン(旗) Feature 01;日本文学を基礎から見つめ直す

古文・漢文・現代文の専門科目を1年次から段階を追って学習します。古典文法や漢文訓読に自信のない人も、確かな専門知識を身につけることができます。

アイコン(旗) Feature 02;奈良時代から現代までの文学を専門教員が指導

上代から近現代まで、全ての時代の日本文学を学ぶことができます。書道、中国文学、日本語学などの関連分野も深く学ぶことができます。充実したスタッフを揃えています。

アイコン(旗) Feature 03;全国屈指の図書館が有する豊富で貴重な資料を活用

充実した図書館施設が最高の学習環境を提供します。日本文学を広く深く学ぶための専門書が揃っています。本物の古典籍などに触れながら学習できます。

アイコン(旗) Feature 04;国語・書道の教員免許、司書教諭や司書の資格を取得できる

中学・高校の教員をめざして多くの学生が努力しています。国語教育や書道の専門スタッフが、少人数クラスで丁寧な指導を行います。司書、司書教諭、学芸員の資格も取得できます。

 

取得できる資格

書道も教えられる国語の先生になりませんか?

本学科では、卒業と同時に「中学校教諭一種免許状(国語)」「高等学校教諭一種免許状(国語)(書道)」が取得できる教職課程、「図書館司書」や「司書教諭」の資格を取得できる司書・司書教諭課程、「博物館学芸員」の資格を取得できる人文系学芸員養成課程を開設しています。卒業に必要な単位に加え、各資格所定の科目の単位を修得すると取得できます。

  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(国語)(書道)
  • 図書館司書
  • 司書教諭
  • 博物館学芸員

※司書・司書補講習(夏期集中)で「図書館司書・司書補」の資格を取得するなら〔一般(受験生・在学生以外)の皆さんはこちらへ〕

 

TOPICS

考える力、表現する力を身につける

教職国語科では、教職を希望の学生が国語科教育について深く理解することを目的としています。中学校や高等学校の教材を基に「読むこと」を中心にしながら、さまざまな視点から教材を分析して授業作りを行います。授業のなかで重視していることは、考える力、表現する力を身につけていくことです。実際に教材を分析していくなかで、既習の教材でも中学校や高等学校とは違った読みに出会えるという楽しさがあります。

VOICE

小泉 雅也さんの写真

小泉 雅也さん
日本文学科4年 神奈川県 横浜創学館高校出身

教職のクラスは少人数なので、先生との距離も近いです。分からないところは詳しく説明してもらえますし、学生が発表する機会も多いので、教員をめざす環境として大変充実していると思います。国語科の教員になった際には、「書」の素晴らしさも伝えていけるようになりたいです。

 

進路状況

企業への就職のほか、教員としても活躍。

就職状況のグラフ画像企業就職を志望する学生が多く、業種もサービス業、卸・小売業、金融業、製造業など幅広い業界で活躍しています。また、近年は教員をめざす学生も増えています。臨任教員や非常勤教員として経験を積み、専任教員になる卒業生も増えており、広く教育の現場で活躍しています。

 

学科別の就職情報のリンクバナー画像

 

卒業後の進路

石渡 希さんの写真

石渡 希さん
日本文学科 2009年3月卒業
株式会社熊谷組

秘書業務、事務が主な仕事です。担当役員のスケジュール管理、出張時の交通手段や宿泊先の予約、役員を含めた担当部署の経理処理や手続きなど、事務作業全てを行っています。ときには、展示会や協議会、イベントなどのお手伝いをすることもあります。鶴見大学で図書館司書の資格を取得した成功体験は、何事も真面目に取り組んでいれば何かしらの結果が出るという自信になりました。また学生時代にできた人間関係は今でも大切な財産です。昨年は自分の得意なこと、好きなことを自ら発信することで、現場見学に行けたり展示会のプレゼンテーションを任せてもらえたりと、新しい経験が増えた年でした。今後はもっと得意なことを伸ばし、興味の幅も広げて、自分ができる仕事を増やしていきたいと思っています。