文学部タイトル

基礎概説科目[専門必修科目]

文化財の基礎を学ぶ

文化財研究法

多彩な文化財を解説
文化財の種類は多岐に渡ります。複数の教員が各専門分野の研究方法について概説的に講義します。

地理学

自然と人間の関係を探る
諸地域の事例から自然環境と人間生活との関わりを考察し、文化財の背景である人間の営みを知ります。

考古学

遺跡・遺物で人類の歴史をたどる
遺跡・遺物は“埋蔵文化財”。その調査・研究方法についての入門概説です。発掘の仕方も講義します。

文化人類学

人類の社会を考える
文化財は人間が作り出したもの。人類の社会と文化を考える学問の入門編です。

博物館概論・博物館経営論

文化財の展示まで考える
文化財を保管、展示する博物館。そこで文化財を扱う学芸員をめざす人には、必須の科目です。

歴史資料講読

古文書・古記録を読むために
歴史学の基本資料である文献史料を読み込むため、和様漢文(変体漢文)体の史料を読解するための基礎をやさしく教える入門科目です。

専攻科目群[専門選択科目]

系列を選び深く学ぶ

歴史・地理系列

  • 日本史Ⅰ─日本古代・中世史の中の変換点と歴史理論
  • 日本史Ⅱ─日本近世・近代史の中の変換点と歴史理論
  • 日本仏教史Ⅰ─仏教の成立と伝来、古代の仏教
  • 日本仏教史II─鎌倉新仏教から近代までの様相
  • 歴史地理学─土地利用の変化に歴史を読む
  • 歴史地誌学─古代史を史料と地図で読解く
  • 日本文化史Ⅰ─先史・古代文化の地域差と交流の影響
  • 日本文化史Ⅱ─中世以降現代までの文化史と文化遺産
  • 古文書学Ⅰ─古文書とは何か、その読解に必要な知識
  • 古文書学Ⅱ─文書の様式(形式)とその社会的なはたらき
  • 日本史概論/世界史概論/地誌学概論/宗教学概論

考古・美術系列

  • 先史考古学─縄文・弥生時代の考古学
  • 歴史考古学─中世都市鎌倉の考古学
  • 日本美術史Ⅰ─飛鳥~平安の美術
  • 日本美術史Ⅱ─鎌倉~江戸の美術
  • 建築史Ⅰ─寺院・神社建築の様式の特色、その流れ
  • 建築史Ⅱ─日本の住宅建築の成立ちとその特色
  • 工芸史Ⅰ─東アジアの伝統工芸の技術とその作品
  • 工芸史Ⅱ─染織工芸の技法を実際に再現してみる
  • 史跡特論Ⅰ─都市京都の歴史と文化財
  • 史跡特論Ⅱ─鎌倉・東国の歴史と文化財

文化財系列

  • 文化財科学Ⅰ─文化財の材質の科学的特性を知る
  • 文化財科学Ⅱ─文化財の材質分析法及び保存法
  • 有職故実Ⅰ─説話史料を通してみる公家有職
  • 有職故実Ⅱ─戦記物を通して考える武家故実
  • 文化財各論Ⅰ─遺跡・史跡の保存と活用
  • 文化財各論Ⅱ─日本の金工史、鏡、刀剣など
  • 文化財各論Ⅲ─仏像の技法・材料と仏師
  • 文化財各論Ⅳ─博物館における展示と史料保存
  • 文化財各論Ⅴ─漆工芸概説、縄文時代から修復まで
  • 文化財各論Ⅵ─文化財保護の現場の方の講義、縄文時代と弥生時代の生業:狩猟採集・植物栽培
  • 学外館務実習

実習科目[専門必修科目]

実物で技術を磨く

1年次

実習Ⅰ A実習Ⅰ B

[実習ⅠA]

教室を出て文化財の所在地へ
春の1泊見学旅行のほか、鎌倉の古社寺や民家、遺跡、博物館などを見学します。

[実習ⅠB]

弥生式土器の復元から図化、公表へ
粉々に割れた弥生式土器の模造品を接合して完形にします。

2年次

実習Ⅱ A実習Ⅱ B

[実習ⅡA]

古文書の補修技術までやります
史料の扱い方、写真撮影や調書の作成、虫喰い穴の繕いや裏打ちなどを実習します。

[実習ⅡB]

発掘調査の実際に挑戦
専用の実習場に埋まった弥生期の竪穴住居址を発掘し、測量機器を駆使して図面を作成します。

3年次

実習Ⅲ A実習Ⅲ B

[実習ⅢA]

科学の眼で調べ保存する
実体・電子顕微鏡、赤外線・X線検査装置、蛍光X線分析装置などで資料の形状や成分を分析します。

[実習ⅢB]

文化財をどのように見せるか
掛け軸や工芸品の取り扱い方法を実習します。文化財の現地見学も行います。

4年次

実習Ⅳ実習Ⅳ

[実習Ⅳ]

多彩な文化財を解説
国外コース:ハワイ・カンボジア・インドなどを訪問。
国内コース:沖縄のグスク群や石見銀山などを訪問。
自主コース:独自の研究テーマでコースを設定。四国八十八ヶ所踏破などがありました。

演習科目[ゼミナール]

個性あふれる教授陣と共に、調べる力・まとめる力・発表する力をつけ、卒業論文へ!

石田千尋教授(歴史学)

江戸時代の交易

江戸時代の長崎・出島での日蘭貿易が専門。
近世史料を読み、実物に触れることを重視します。

 

小林恭治教授(日本語史)

漢字や古辞書の研究

専門は古辞書ですが、典籍や石碑などの文字も研究。日本語史の視点から文字の歴史を探ります。

 

近藤祐介講師(歴史学)

近藤祐介ゼミの画像

戦国時代を考える

専門は中世寺院史で、その視点から戦国時代の社会や民衆と仏教との関わりなどを研究しています。

 

小池富雄教授(美術・工芸史学)

大名家の工芸品

日本独自の蒔絵など、近世大名家の調度品を徹底追跡します。

 

鈴木 一馨准教授(宗教学)

宗教の姿と文化財

多くの文化財に関わりがある宗教。その思想や宇宙観、宗教儀礼、宗教民俗、宗教的空間理念などを学びます。

 

星野玲子准教授(文化財科学)

星野玲子ゼミの画像文化財の分析・保存法

自らの研究テーマを中心に、文化財の科学的な分析や保存処理を実践します。

 

宗䑓秀明教授(考古学)

文明はどう起きたのか

インダス文明期に都市を創出した人々のエネルギーの源を探ります。中世鎌倉考古学も学べます。

 

緒方啓介准教授(日本美術史・博物館学)

仏教美術を探る

仏像を中心とした美術史が専門です。多くの作品に触れてみたいものです。

 

田中和彦准教授(考古学)

田中和彦ゼミの画像

遺跡調査の魅力

貝塚遺跡や墓地遺跡を調査し、出土した陶磁器、土器の生産、流通、消費とその変遷を研究しています。

TOPICS

鶴岡八幡宮の社務所の看板の調査

鎌倉にある鶴岡八幡宮の社務所の看板の調査を文化財学科で行いました。
長年屋外にあったため、風雨で汚れや日焼けで文字が読みにくくなっていました。そこで赤外線カメラを通して観察したところ、肉眼よりも文字の輪郭や筆の運びが見やすくなりました。今後、この画像を基に新たな看板が作られます。
文化財科学の実習では、赤外線カメラを始めとする理化学機器を用いてさまざまな資料の分析や保存技術を学びます。

VOICE

滝川更紗さんの写真

滝川 更紗 さん
文化財学科4 年 静岡県 静岡商業高校出身

考古学や文化財研究法など、1 年の時から専門の授業があります。
巡県や発掘、美術品の取り扱い、赤外線・X線検査装置や蛍光X線分析装置などを使った資料の分析など、さまざまな実習を通して文化財について研究できることにも魅力を感じています。