文学部タイトル

日本文学科4年間の学びの流れ

Menu

文字、言葉、文学作品と段階を経て深まる学び

入学前:日本文学の基礎力構築

1年次

読み書きの基礎を一からじっくりと身につける。
辞書の引き方や作文、古典や漢文の文法・単語などの基礎を全員が修得。30名程度のクラス編成でじっくりと学べます。

■ 基礎古文[1年次]
語彙や文法、古人の思考や表現方法から、古文を読むための基本的な技能を学びます。読解の基礎だけでなく、くずし字についての理解も深めていきます。

2年次

各学問の入り口に触れ、知識の幅を広げる。
日本文学・日本語学の専門分野の入門編となる「講読」や「概論」で知識を身につけ、興味を広げます。

■ 漢文講読[2年次]
中国の先秦時代から唐代に至る漢文、漢詩の代表作、名作を訓読で読み、その背景と日本文学との関係を理解すると共に、漢文訓読の規則に習熟します。

3年次

好奇心と目的意識にしたがって多様な選択科目でスキルアップ。国文学演習
講義や演習など、幅広い選択科目から自分の好奇心や目的に沿って自由に選択。専門的な内容を深く、じっくりと学びます。

■ 国文学演習[2~4年次]
作品の時代ごとに演習を開講。各自担当範囲を決め、文献や参考資料を調べて作品を読み進めます。一つひとつの言葉や表現などの読解を通じて、自ら調べ、考える力を養います。

4年次

ゼミナールに所属し、卒業論文で学びの総仕上げ。
ゼミに所属し、教員の指導のもと、自らのテーマで卒業論文を作成。資格・免許の取得や就職面でのサポートも受けられます。

■ 卒業論文指導[4年次]
卒業論文を4年間の勉学の集大成としてふさわしいものにするために、それぞれのテーマ設定や調査内容、分析方法などについて、ゼミの参加者全員で議論をします。

 

VOICE

古典文学に多く触れることで自然と読解力が上がった

永井 浩介さんの写真

永井 浩介さん
日本文学科4 年 神奈川県 茅ヶ崎高校出身

少人数の授業が多いため、教授との距離が近く、学生一人ひとりの習熟度に合った速度で講義を進めてもらうことができます。私は古典文学に毎日のように触れることで自然と読解力が上がり、初めて読む文章でもほとんど読めるようになりました。印象的な授業は教員の立場になって行う模擬授業です。ゲーム形式など生徒が楽しめる工夫がうまくいった時は嬉しく、この感覚を忘れないようにしようと思いました。将来は国語の教師になって、生徒が面白いと思える授業を作れるようになりたいです。