文学部タイトル

日本文学科4年間の学びの流れ

Menu

文字、言葉、文学作品と段階を経て深まる学び

入学前:日本文学の基礎力構築

1年次

読み書きの基礎を一からじっくりと身につける。

辞書の引き方や作文、古典や漢文の文法・単語などの基礎を全員が修得。30名程度のクラス編成でじっくりと学べます。

■ 基礎古文[1年次]基礎古文の画像
語彙や文法、古人の思考や表現方法から、古文を読むための基本的な技能を学びます。読解の基礎だけでなく、くずし字についての理解も深めていきます。

 

2年次

各学問の入り口に触れ、知識の幅を広げる。

日本文学・日本語学の専門分野の入門編となる「講読」や「概論」で知識を身につけ、興味を広げます。

■ 漢文講読[2年次]漢文講読
中国の先秦時代から唐代に至る漢文、漢詩の代表作、名作を訓読で読み、その背景と日本文学との関係を理解すると共に、漢文訓読の規則に習熟します。

 

3年次

好奇心と目的意識にしたがって多様な選択科目でスキルアップ。

講義や演習など、幅広い選択科目から自分の好奇心や目的に沿って自由に選択。専門的な内容を深く、じっくりと学びます。

■ 国文学演習[2~4年次]国文学演習
作品の時代ごとに演習を開講。各自担当範囲を決め、文献や参考資料を調べて作品を読み進めます。一つひとつの言葉や表現などの読解を通じて、自ら調べ、考える力を養います。

 

4年次

ゼミナールに所属し、卒業論文で学びの総仕上げ。

ゼミに所属し、教員の指導のもと、自らのテーマで卒業論文を作成。資格・免許の取得や就職面でのサポートも受けられます。

■ 卒業論文指導[4年次]卒業論文指導
卒業論文を4年間の勉学の集大成としてふさわしいものにするために、それぞれのテーマ設定や調査内容、分析方法などについて、ゼミの参加者全員で議論をします。

演習科目(ゼミナール)一覧はこちら

 

ピックアップ・スタディ

鶴見大学 日本文学科ならではの体験ができる学び

PICK UP 01:近世文学講義Ⅰ

近世文学講義Ⅰの画像

古典をもじった江戸の「漫画」を読む
江戸時代の文学は、高校までの授業ではあまり触れる機会がありませんが、笑いや言葉遊び、古典の「二次創作」やパロディなど、魅力的な要素をたくさん備えています。たとえば『偐紫田舎源氏』は、挿絵と文章が響き合う漫画のようなスタイルで、『源氏物語』を江戸の 「現代」小説に仕立て直しています。古典を踏まえて新たな作品を生み出す手法を、作品を読みながら探ります。

COMMENT

岩渕 春奈さん

岩渕 春奈さん
日本文学科4年 茨城県 鹿島学園高校出身

『偐紫田舎源氏』の精読を通して、既存の作品を基に新しい物語を作る「翻案」の手法と、「合巻」というジャンルの特徴について学んでいます。原点の『源氏物語』における表現や歌舞伎・浄瑠璃の趣向、江戸当時の文化的背景などを踏まえて読み進むなかで、『源氏物語』に沿う部分と『田舎源氏』の部分を発見しながら読めるところが魅力です。

PICKUP 02:国文学演習 上代・中古Ⅰ

国文学演習 上代・中古Ⅰの画像

古典文学研究の手法を通して、仲間と共に「常識」を超える体験を
古典作品の写本や版本を見比べてみると、本文が一つでなく写本間に揺れのあることにきづきます。授業では、写本や版本、その影印、 古代文献の用例を手掛かりに、もとの本文を探ると共に、揺れが生じた理由に考えを巡らせます。正しいといわれるものは本当に「正しい」のか。伝統的な文学研究の手法を通して、多角的なものの見方・考え方を身につける授業です。

COMMENT

石川 涼奈さん

石川 涼奈さん
日本文学科4年 新潟県 新潟産業大学附属高校出身

「国文学演習( 上代・中古)」の魅力は、上代語やさまざまな万葉歌を知ることができる点です。上代では「拾ふ」の読みが「ひりふ」だったりと、授業で初めて知ることがたくさんあります。グループワークでは「言の葉の庭」に出てくる万葉歌を取り上げて、自分たちなりの映像を思い浮かべながら、どのような心境で詠まれ、どの語句が適切なのかを考えています。