文学部タイトル

日本文学科4年間の学びの流れ

Menu

1年次

読み書きの基礎を一からじっくりと身につける。

辞書のひき方や作文、古典や漢文の文法・単語などの基礎を全員が修得。30名程度のクラス編成でじっくりと学べます。

基礎古文[1年次]
語彙や文法、古人の思考や表現方法から、古文を読むための基本的な技能を学びます。読解の基礎だけでなく、くずし字についての理解も深めていきます。

2年次

各学問の入り口に触れ、知識の幅を広げる。

日本文学・日本語学の専門分野の入門編となる「講読」や「概論」で知識を身につけ、興味を広げます。

漢文講読[2年次]
中国の先秦時代から唐代にいたる漢文、漢詩の代表作、名作を訓読で読み、その背景と日本文学との関係を理解すると共に、漢文訓読の規則に習熟します。

3年次

好奇心と目的意識に従って多様な選択科目でスキルアップ。

講義や演習など、幅広い選択科目から自分の好奇心や目的に沿って自由に選択。専門的な内容を深く、じっくりと学びます。

国文学演習[2~4年次]
作品の時代ごとに演習を開講。各自担当範囲を決め、文献や参考資料を調べて作品を読み進めます。一つひとつの言葉や表現などの読解を通じて、自ら調べ、考える力を養います。

4年次

ゼミナールに所属し、卒業論文で学びの総仕上げ。

ゼミに所属し、教員の指導のもと、自らのテーマで卒業論文を作成。資格・免許の取得や就職面でのサポートも受けられます。

卒業論文指導[4年次]
卒業論文を4年間の勉学の集大成としてふさわしいものにするために、それぞれのテーマ設定や調査内容、分析方法等について、ゼミの参加者全員で議論をします。

漢文購読の画像国文学演習

未来をひらくカリキュラム

1年次の基礎科目があったからこそ専門科目がおもしろい!

濱地 志音さんの写真

濱地 志音さん
日本文学科4年 高等学校卒業程度認定試験・大学入学資格検定合格

授業で歌舞伎の舞台を鑑賞したり、江戸時代の台本を読んだのもおもしろかったです。
「本物」に触れられるのが、学科の魅力だと思います。

1年次[前期]

「日本語学入門」では、音韻や文法、語彙などことばについて考えるための前提知識を学べます。

履修科目[1年次前期]2015(平成27)年度

履修科目1年次前期平成27年度の一覧画像

鶴見大学 時間割 時間

3年次[後期]

イギリス人の価値観を知る「※イギリス文化研究B」は新聞記事や映像資料を使ったわかりやすい授業です。
※「イギリス文化研究B」は他学科の指定された専門科目です。

履修科目[3年次後期]2017(平成29)年度

履修科目3年次後期平成29年度の一覧画像

鶴見大学 時間割 時間

新入生本山参禅会

仏教の心得を学び体感する新入生向けの大学行事で、入学前から楽しみでした。坐禅を通して自分を見つめ直したり、「五観の偈(※)」を朗読することで感謝の心を再認識したりと貴重な経験になりました。
※「五観の偈(ごかんのげ)」は食事の前に唱えられるお経です。

学習支援のボランティア

1年次の頃から、中学生に勉強を教えています。和歌や物語のこぼれ話など大学で教わった内容も紹介しつつ、子どもがもっと文学を好きになってくれるような授業を目標にしています。