文学部タイトル

4つのコースと主な授業科目[2〜4年次]

2年次から4つのコースに分かれます。他コースの科目も履修できます。

英語コミュニケーションコース

英語によるコミュニケーションスキル獲得をめざし、社会に出て英語が使える人材を育成するコースです。実践的英語能力を修得するためのカリキュラムを用意しています。

コミュニケーション・スキルⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB英語コミュニケーションコースの写真
英語を用いたコミュニケーションの基本となる、スピーキングの基礎力向上をめざします。日常的な英会話に必要なボキャブラリーや文法などを習得します。

ビジネス・ライティングA・B
ビジネスの現場で使われる英語の基本を学び、現代社会で多用されるEメールを使い、正しくコミュニケーションをはかる能力を養います。

英語教育コース

中学・高校あるいは予備校・塾・児童英語教育など、さまざまな分野の英語教育に対応できる高い英語教育能力を持った人材を育成する ことを目標としています。

英語教育研究A・B英語教育コース
模擬授業を行いながら実践的な力をつける児童英語教育(A)と英語を教える者が知っているべき第二言語習得論(B)を学習します。

社会言語学研究A・B
英語の地域的な方言や、社会的な方言、話し手と聞き手の関係を反映する表現、性別による話し方の違いなど、英語の多様性を学びます。

国際文化コース

英米を中心としたさまざまな文化を学ぶことにより、異文化理解を深め、グローバル化する現代社会に対応できる国際的な視野を持っ た人材を育成することを目標としています。

スクリーン・イングリッシュA・B国際文化コースの写真
映画のクリップを視聴して、教科書の英語とは違う生きた英語に慣れ、会話表現やボキャブラリーを豊かにすることが目標です。

国際文化研究A・B
一国では解決できない国際的な問題をテーマに研究を行います。相対的な見方、グローバルな視点と考え方が身につきます。

英語文学コース

英米を含めた英語圏の文学をより深く理解するために、文学が生まれた時代的・文化的背景を探究し、社会や人間に対する広い視野を持った人材を育成するコースです。

英米児童文学研究A・B英語文学コースの写真
児童文学の古典『不思議の国のアリス』から『ゲド戦記』などの現代の作品まで、児童文学の歴史をたどりながら、子ども像の変化を考えます。

翻訳演習A・B
やさしい英語で書かれた小説やエッセイを用いて、翻訳にチャレンジ。英文の内容を正確に読取り、自然な日本語の表現にすることをめざします。

演習科目[ゼミナール]

4年次のゼミナール(演習)、卒業研究小論文を完成させる目標に向かって1年次から指導を行います。

卒業研究開講例

  • 歴史を通して現代アメリカを考える 鈴木 周太郎准教授
  • カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』再読 菅野 素子准教授
  • 英米ポピュラー・ミュージック研究 渡辺 一美講師
  • English through Drama マーティン・C・コネリー教授
  • 英語教育・第二言語習得の研究 草薙 優加教授
  • Lifelong English Learning ケビン・J・ミラー准教授
  • 『グレート・ギャツビー』と1920年代アメリカ 深谷 素子准教授

 

長期留学・短期海外研修

英語英米文学科ではさまざまな留学・研修制度を整え、異文化を体験する機会をサポートしています。

長期留学制度

カナダのリジャイナ大学とオーストラリアのニューイングランド大学に毎年6名の留学生を送っています。留学先の学費は本学学納金を当て、さらに留学支援金が支給されます。また、3年次までに留学し、4年間で卒業できます。

留学体験レポート

タット ア ケンさんの写真

タット ア ケンさん
英語英米文学科4年 東京都 立正大学付属立正高校出身

鶴見大学の長期留学制度は休学する必要がなく、費用負担も少ないのが魅力。留学先のカナダではお互いの主張を尊重し合うことの大切さを学びました。

海外英語研修と海外文化研修制度

毎年夏休みに、実践的英語力アップを目的としたアメリカへの英語研修と、異文化と生活体験を目的とした英語圏への文化研修を隔年で行っています。教員が引率するため、海外が初めてでも参加しやすいプログラムです。どちらも正課授業として単位が修得できます。

研修体験レポート

中筋 優有さんの写真

中筋 優有さん
英語英米文学科4年 神奈川県 保土ヶ谷高校出身

普段体験することのない外国人に囲まれる英語だけの生活に不安もありましたが、環境に応じて少しずつ英語力が上がり、自信につながりました。

TOPICS

現役の新聞記者による「ノート・テイキング講座」

朝日新聞の現役記者、山下周平さんによる「ノート・テイキング講座」を年1回開催しています。新聞記者といえば「人の話を聞く」「すばやく的確にノートを取る」「読みやすい文章を書く」など、大学生にとっても有用なスキルを日々駆使する職業です。90分の講座では、まず、記者直伝の取材術、ノート・テイク術について講義があり、後半は、上級生や英語英米文学科出身の本学職員から、人生の糧となった「本や漫画から学んだことば」を取材しました。朝日新聞の看板コラム、鷲田清一さんの「折々のことば」をイメージして、受講者が思い思いのコラムを書きました。

VOICE

村田 すずさんの写真

村田 すずさん
英語英米文学科2年 神奈川県 新羽高校出身

質問の仕方や自分の解釈によって、伝えられる言葉は違ってしまうことを感じました。一冊の本でも様々な解釈があり、本は面白いなと改めて思いました。将来どんな仕事に就いても、相手に自分の思いや考えを伝えることに役立つと思います。

イングリッシュ・カフェ
ブック・カフェ & イングリッシュ・フォーラム

イングリッシュ・カフェ、 ブック・カフェ & イングリッシュ・フォーラム

気軽に英語に触れることで、自然に英会話の力が身につきます。
普段の授業だけでなく、ネイティブの教員と少人数で日常英会話ができる「イングリッシュ・カフェ」や、英語多読に最適な「ブック・カフェ」を実施中です。
また昨年は、夏休みのオープンキャンパスにおいて英語による発表会「イングリッシュ・フォーラム」も開催しました。