文学部タイトル

蓄積されてきた「情報」を、理解・分析・整理し現代に活かす

ドキュメンテーション学科これまで人類が蓄積してきた膨大な「情報」には、先人たちが大切に伝えてきた古典籍からコンピュータやインターネットを利用したものまでさまざまなものがあります。それらを理解し、分析・整理しながら、新たな生きた「情報」として発信するために必要な知識と技術を学んでいく学科です。

 

  矢印 こんな人にオススメ

  • 図書館司書になりたい
  • 情報をもっと活用したい
  • 日本の古い書物を読んでみたい  
  • デジタルメディアに興味がある

 

学科の特長

アイコン(旗) 01;実際の図書館の仕事に直結

実際の図書館の仕事に直結

横浜市をはじめ神奈川県内や首都圏の図書館で働く夢をかなえた卒業生が増えています。
図書館司書資格取得だけではなく、採用試験突破に向けた専門知識の修得を目指します。

 

アイコン(旗) 02;古典籍の取り扱い方が身につく

古典籍の取り扱い方が身につく

近代以前に書写、刊行された書物を実際に手に取りながら、その種類や特徴を知り、書誌情報を記録するために必要な知識や調査方法を習得します。

 

 

アイコン(旗) 03;パソコンの知識や技術が身につく

パソコンの知識や技術が身につく

全員にノートパソコンが貸与されます。4年間を通して、授業や課外活動などでパソコンを活用することで、知識や技術、応用力を身につけることができます。

 

取得できる資格

図書館司書の資格取得に有利です
ドキュメンテーション学科では、学科の専門科目に司書資格取得に必要な科目がほとんど含まれており、司書の資格取得にとても有利です。

  • 高等学校教諭一種免許状[情報]
  • 司書
  • 学校司書(養成プログラム)
  • 司書教諭
  • 学芸員

司書・司書教諭 [司書課程・司書教諭課程]

「図書館法」及び「学校図書館法」で定められている所定の科目を履修し、単位認定されれば、卒業と同時に資格が取得できます。司書教諭には教員免許状が必要です。

VOICE 

増渕 凜さんの写真
増渕 凜 さん
東京都立中央図書館
文学部 ドキュメンテーション学科(図書館学コース)2021年3月卒業

ドキュメンテーション学科は、専門科目の中に司書資格取得に必要な科目がほとんど含まれているので、日々の講義が将来につながると思い一所懸命に、また楽しみながら受講していました。そして大学図書館のアルバイトや、県立図書館のインターンシップにも参加しました。講義で習ったことが現場ではどのように行われているのかを知ることができ、就職活動の際にもその経験が役立ちました。

 

進路状況 2021年度データ

進路状況のグラフ画像

 

文学部卒業後の進路

就職内定までの流れ

卒業後の進路

椎木 彩香さんの写真

椎木 彩香さん
横浜農業協同組合
文学部ドキュメンテーション学科 2021年3月卒業

金融機関で窓口を担当し、お客様の入出金や振込等の事務処理や外回りの伝票処理等を行っています。大口出金の際は、どのように利用されるのか内容を聞き、悪質な詐欺に発展しないように努めるのも仕事の一つです。事務処理を行う際はパソコンを使うことがほとんどなので、在学中に情報学で扱っていたことが業務に大変役立っています。また、書類作成を行う際も、ドキュメンテーション学科で身につけた知識が活きていると感じます。鶴見大学はキャリア支援課のサポートが手厚く、私自身もインターンシップの就職活動の際には自分がどの職種に向いているのか、どのように就活を進めれば良いのかを相談しました。今の自分があるのも、あの時の親身なサポートがあってこそだと実感しています。


 

ドキュメンテーション学科ブログのリンクバナー画像

ドキュメンテーション学科オリジナルホームページのリンクバナー画像
ドキュメンテーション学科紹介動画のリンク画像

5分でドキュメンテーション学科のポイントが分かる!
学生や卒業生が語る学科の紹介を動画でご覧ください。