文学部タイトル

蓄積されてきた「情報」を、理解・分析・整理し現代に活かす

ドキュメンテーション学科これまで人類が蓄積してきた膨大な「情報」には、先人たちが大切に伝えてきた古典籍からコンピュータやインターネットを利用したものまでさまざまなものがあります。それらを理解し、分析・整理しながら、新たな生きた「情報」として発信するために必要な知識と技術を学んでいく学科です。

 

  矢印 こんな人にオススメ

  • 図書館司書になりたい
  • 情報をもっと活用したい
  • 日本の古い書物を読んでみたい  
  • デジタルメディアに興味がある

 

学科の特長

アイコン(旗) 01;実際の図書館の仕事に直結

横浜市をはじめ神奈川県内や首都圏の図書館で働く夢をかなえた卒業生が増えています。資格取得だけではなく、採用試験突破に向けた専門知識の修得を目指します。

アイコン(旗) 03;古典籍の取り扱い方が身につく

近代以前に書写、刊行された書物を実際に手に取りながら、その種類や特徴を知り、書誌情報を記録するために必要な知識や調査方法を習得します。

アイコン(旗) 03;パソコンの知識や技術が身につく

全員にノートパソコンが貸与されます。4年間を通して、授業や課外活動などでパソコンを活用することで、知識や技術、応用力を身につけることができます。

取得できる資格

図書館司書の資格取得に有利です

ドキュメンテーション学科では、学科の専門科目に司書資格取得に必要な科目がほとんど含まれており、司書の資格取得にとても有利です。

  • 高等学校教諭一種免許状[情報]
  • 図書館司書
  • 司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 学校司書(養成プログラム)

学校司書養成プログラムを新設!

2019年度より、ドキュメンテーション学科には「学校司書養成プログラム」が新設されました。学校司書は、2014(平成26)年の学校図書館法の一部改正により法制化された職名で、従来の司書教諭に加え「学校図書館の運営の改善及び向上を図り、児童又は生徒及び教員による学校図書館の利用の一層の促進に資するため、専ら学校図書館の職務に従事する職員」として学校図書館に配置されています。ドキュメンテーション学科の学生は、1年次から文部科学省が定めた「学校司書モデルカリキュラム」に基づいた科目を履修することで、卒業時に修了証書「学校司書」が学長名で交付されます。

 

進路状況 2020年度データ

情報を扱う幅広い業界で力を発揮できます。

進路状況のグラフ画像

情報の管理・利用の専門家として、また、情報検索データベース利用・作成の専門技術者として活躍しています。図書館司書として活躍する卒業生もおり、大学で学んだ知識を活かし、活躍しています。

文学部卒業後の進路

就職内定までの流れ

卒業後の進路

渡邉 真以さんの写真

渡邉 真以さん
ドキュメンテーション学科 2020年3月卒業
大和市役所 教育部(教育委員会)

生まれ育った街に密着した支援ができる仕事がしたくて、地元の市役所で働いています。現在は教育委員会で、小中学校の教材整備や会計年度任用職員の労務管理等を主に担当しています。大学の卒業論文や1年間の特別実習で培った「物事を計画的に進める力、準備を積み重ねていく力」は、現在の業務に役立っていると実感しています。またドキュメンテーション学科では、ノートパソコンが学生に貸与され日常的に触れていたため、入職後のパソコン業務も円滑に進めることができました。今後市役所の職員としてさまざまな経験を積む中で、大学で取得した図書館司書の資格を活かせる業務もいつかは携わってみたいです。また社会的な問題解決が今後さらに求められるはずです。自分に与えられた役割を果たせるように成長していきたいです。


ドキュメンテーション学科ブログのリンクバナー画像

ドキュメンテーション学科オリジナルホームページのリンクバナー画像
ドキュメンテーション学科紹介動画のリンク画像

5分でドキュメンテーション学科のポイントが分かる!
学生や卒業生が語る学科の紹介を動画でご覧ください。