文学部タイトル

4年間の学びの流れ

Menu

1年次

習熟度別クラス編成で、基礎から英語力を高める。

週2回のネイティブ教員の授業や、習熟度別のリーディングとライティングの授業で、最適なレベルから英語力を高めます。

リーディングA・B[1年次]
リーディングスキルの基本を学びながら、平易な英語の書物を読んでいきます。読書量を増やすことで速読力、読解力の向上に努め、最終的には英語の本を楽しんで読めることをめざします。

リーディングの様子の写真リーディングの様子の写真

2年次

英語力をレベルアップし調査・研究能力を身につける。

関心に合わせてコースを選択し、研究への導入となる知識を修得。調査や研究、発表の能力や、英語の読解力も磨きます。

3年次

ゼミナールを選んで専門分野の研究を進める。

各コースで専門的な学びを深め、応用課題にも取組みます。演習では指導教員のもと、自分の研究テーマを見つけます。

4年次

4年間の総仕上げ、卒業研究に取組む。

ゼミナールで卒業研究を進めます。ゼミ仲間や教員の意見を参考にしながら、研究の成果を卒業研究小論文にまとめます。

 

未来をひらくカリキュラム

佐竹 凌 さんの写真

佐竹 凌さん
英語英米文学科3年 新潟県 日本文理高校出身

Q. 01 英語英米文学科を志望した理由をお聞かせください。
オープンキャンパスで外国人講師の模擬授業を体験し、私も同じように楽しく授業をしながら生徒たちに英語を教えてあげたいと思ったからです。

Q. 02 英語英米文学科に入って良かった点は何ですか?
英語の学習だけでなく、アメリカやイギリスの文化についても学べることです。今も続く人種差別問題などについても触れられるのは、とても興味深いです。

Q. 03 英語英米文学科のカリキュラムについて良い点を教えてください。
専門分野を深く実践的に学べる上、社会人に求められる教養や知識を身につけられる科目が多いことです。多様な資格の取得をめざせることも大きな魅力です。

Q. 04 将来の目標について教えてください。
英語の教員になるため、3年次にはカナダに留学して英語のスキルアップをめざします。鶴見大学で身につけた教養と知識を将来につなげていきたいと思います。

時間割例

1年次[前期]

2017年度 履修科目

1年次履修科目の一覧画像

鶴見大学 英語英米学科 時間割

2年次[後期]

2018年度 履修科目

2年次履修科目の一覧画像

鶴見大学 英語英米学科 時間割

リーダー・マラソン

英語力を伸ばすことを目標に、全学生が参加する英語多読コンテストがリーダー・マラソンです。自分の読書を記録しながら、ゴールを目指します。成績上位者は表彰されます。

習熟度別クラス制

1年次の初めに英語のプレースメントテストを行い、各自の英語レベルに応じて20~30人ほどの4クラスに分かれ、クラスごとに授業を編成。それぞれの実力から英語力を伸ばせます。