文学部タイトル

4年間の学びの流れ

Menu

2年次に将来を見据えた4コースから選択

入学前:英語の練習問題

1年次

習熟度別クラス編成で、英語力を高める。

週2回のネイティブ教員の授業や、習熟度別のリーディングとライティングの授業で、最適なレベルから英語力を高めます。

一年次の英語必修科目

■ オーラル・コミュニケーションⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB
週2回のネイティブ教員の授業で、ペアワーク・ロールプレイ・プレゼンテーション・クイズなどさまざまな活動で英語を使うことにより、英語コミュニケーションカの向上を図ります。

2年次

英語力をレベルアップし調査・研究能力を身につける。

関心に合わせてコースを選択し、研究への導入となる知識を修得。調査や研究、発表の能力や、英語の読解力も磨きます。

3年次

ゼミナールを選んで専門分野の研究を進める。

各コースで専門的な学びを深め、応用課題にも取り組みます。演習では指導教員のもと、自分の研究テーマを見つけます。

4年次

4年間の総仕上げ、卒業研究に取り組む。

ゼミナールで卒業研究を進めます。ゼミ仲間の意見や教員の指導を参考にして、研究の成果を卒業研究小論文にまとめます。

 

VOICE

自分が伝えたい思いを英語で表現できるようになった

千葉 あやか さんの写真
英語英米文学科4年 神奈川県 鶴見総合高校出身
千葉 あやか さん

英語コミュニケーションを中心に学んでいます。ネイティブの先生やクラスの仲間と英語で会話やプレゼンテーションを行う中で、自分が伝えたい思いを英語で表現できるようになりました。また、映画や漫画など、興味があることについて、英語でブログ投稿する英作文の授業も楽しいです。よりネイティブらしい発音をするために、呼吸の仕方や発音をする時の口の形などを細かく習う「英語音声学」の授業を受けたことで、自分の得意な発音と苦手な発音に気づけたのも収穫でした。

 

長期留学制度・短期海外研修

英語英米文学科ではさまざまな留学・研修制度で、異文化を体験する機会をサポートしています。

長期留学制度

カナダのリジャイナ大学とオーストラリアのニューイングランド大学への派遣留学生を毎年合わせて6名募集しています。派遣留学生には授業料相当支援金とホームステイ支援金が支給されます。2年次または3年次に留学し、4年間で卒業できる制度です。

海外英語研修と海外文化研修

毎年夏休みに、実践的英語力アップを目指すアメリカへの英語研修と、異文化体験から学ぶ英語圏への文化研修を隔年で行っています。教員が引率するため、海外が初めてでも参加しやすいプログラムです。どちらも正課授業として単位が修得できます。

VOICE

浦田 隆史 さんの写真

浦田 隆史 さん
英語英米文学科4年 神奈川県 二宮高校出身

オーストラリア ニューイングランド大学

留学前に音声・字幕ともに英語で映画を鑑賞するなど、英語に耳を慣れさせる準備をしました。その成果もあってか、留学を経て以前とは比較にならないほど語学面での成長を実感。また、スポーツやイベントに参加し多くの人と交流したことで、前向きなチャレンジ精神も身につきました。

TOPICS

英語多読

自分の英語力で無理なく読める本にたくさん触れることで英語スキルを伸ばせます。1年次にOxford Reading Treeシリーズ180冊(77,221語分)を読破することから始めます。

VOICE

佐藤 凪紗さんの写真

佐藤 凪紗さん
英語英米文学科2年 神奈川県 平塚学園高校出身

洋書にたくさん触れるにつれ抵抗がなくなり、今では2万語以上の本も読めるようになりました。速読力も信じられないほど上がりTOEIC®のスコアにも成果が表れています。