文学部タイトル

4年間の学びの流れ

Menu

1年次

習熟度別クラス編成で、基礎から英語力を高める。

週2回のネイティブ教員の授業や、習熟度別のリーディングとライティングの授業で、最適なレベルから英語力を高めます。

リーディング[1年次]
リーディングスキルの基本を学びながら、平易な英語の書物を読んでいきます。読書量を増やすことで速読力、読解力の向上に努め、最終的には英語の本を楽しんで読めることをめざします。

2年次

英語力をレベルアップし調査・研究能力を身につける。

関心に合わせてコースを選択し、研究への導入となる知識を修得。調査や研究、発表の能力や、英語の読解力も磨きます。

3年次

ゼミナールを選んで専門分野の研究を進める。

各コースで専門的な学びを深め、応用課題にも取組みます。演習では指導教員のもと、自分の研究テーマを見つけます。

4年次

4年間の総仕上げ、卒業研究に取組む。

ゼミナールで卒業研究を進めます。ゼミ仲間や教員の意見を参考にしながら、研究の成果を論文にまとめます。

リーディングの様子の写真英語コミュニケーションコースの様子の写真英語教育コースの様子の写真
国際文化コースの様子の写真英語文学コースの様子の写真

未来をひらくカリキュラム

先生と距離が近くて、相談しやすい環境です。

竹生 花帆さんの写真

竹生 花帆さん
英語英米文学科3年 神奈川県 住吉高校出身

将来は教員になって、生徒に英語のおもしろさを伝えたいです。
そのためにも、在学中は英語の検定試験に挑戦してスキルアップしていきます。

1年次[前期]

「ライティング」では反復練習を行うことで、基本的な単語や文法、英語表現の定着をめざします。

履修科目[1年次前期]2016(平成28)年度

1年次履修科目の一覧画像

鶴見大学 英語英米学科 時間割

2年次[後期]

「英語音声学」では、ネイティブスピーカーの発音を習得するために必要な、調音方法や呼吸法を学びます。

履修科目[2年次後期]2017(平成29)年度

3年次履修科目の一覧画像

鶴見大学 英語英米学科 時間割

イングリッシュ・カフェ

ネイティブスピーカーの教員と、少人数で日常英会話ができます。週2回ほど各教員の部屋で開催されており、気軽に英語に触れることで、自然に英会話の力が身につきます。

習熟度別クラス制

1年次の初めにプレイスメントテストを行い、成績に応じて20~30人ほどの4クラスに分かれ、クラスごとに授業を編成。その後、成績次第では上位クラスに入ることもできます。