短期大学部タイトル

プラスαのスキルを持つ、次世代の歯科衛生士を輩出する

歯科予防処置、歯科保健指導、歯科診療補助の三大業務に加え、高齢者や障がい者への訪問歯科診療、咀嚼が困難な方への口腔ケアなどに関わり、役割が広がる歯科衛生士。本科では口腔だけでなく全身の医療知識を修得する科目群や、充実の歯科臨床実習、臨地実習、教育設備を用意しています。医療・保健・福祉の現場でも活躍できるプラスαの力を持つ歯科衛生士を育てています。


鶴見大学 短期大学部 歯科衛生科

学科の特徴

Feature 01;歯学部と連携しながら最先端の歯科医療を学べる

歯科医療は発展を続けており、歯科衛生士は常に最新の専門知識や技術を学ぶ必要があります。本科は、歯学部と連携しており、最先端の歯科医療を学ぶことができます。

Feature 02;歯学部附属病院や豊富な実習先での歯科臨床実習

歯学部附属病院、他大学医学部付属病院、歯科診療所での実習を通して、歯科衛生士として現場で活かせる実践力を身につけることができます。

Feature 03;担任制で入学から卒業まで一貫してフォロー

同じ担任が、入学から卒業まで見守り、学習の進み具合をきめ細かくフォローして、疑問の解消や相談にあたることで、学習の遅れや、 履修の取りこぼしを防いでいます。

Feature 04;歯科衛生士合格者数は全国昼間部教育機関でトップ

歯科衛生士国家試験の対策を2年次からスタートします。模擬試験、補講、グループ学習、個別指導を行い、資格取得に向けて、一人ひとりを丁寧にサポートしていきます。

 

歯科衛生科で取得できる資格

歯科衛生士国家試験受験資格

歯科衛生士は国家資格の歯科医療専門職。歯科診療の補助、歯石除去、ブラッシング指導のほか、口腔ケアなどを行います。国家試験に合格する必要がありますが、本科では受験に必要な科目を全て学べるほか、介護職員初任者研修修了者の資格が取れる科目も用意。更に卒業予定者や卒業生には、鶴見大学歯学部への編入学試験受験資格が与えられ、歯学部への編入学の道も拓かれています。

手厚い国家試験対策

2年次から国家試験対策をスタート。教員がマンツーマンで教えるグループ学習の取組みは、全国の昼間部教育機関で最も多い合格者数という実績に表れています。

就職状況2018年度データ

歯科衛生士国家試験は高い合格率を維持し、社会の要請に応じた人材を送り出しています。

就職状況のグラフ画像

本学の歯科衛生科は、長い歴史と卒業生の活躍により社会から厚い信頼を受けています。授業では、3年次に社会で必要な知識やマナーなどを学ぶキャリア形成科目「人生と職業」を必修として行います。特に採用先の人事担当者や卒業生を招き、必要とされている歯科衛生士像を知ることによって、社会の要請に応じて活躍できるように支援しています。就職活動が本格化する10月からは、教職員やキャリアアドバイザーが、履歴書作成や模擬面接のほか、就職の悩み相談や個人面接など、一人ひとりにきめ細かく対応し、就職へとつなげます。卒業後は、国家資格取得を基盤として歯科医療界の高い要望に応え、希望する職場で働くことができます。


学科別の就職情報のリンクバナー画像

 

卒業生はさまざまな場で活躍しています。

成人歯科講演会

成人歯科講演会

本科の卒業生には、歯ブラシなどの口腔ケア用品メーカーに勤務して研究・商品開発に従事する人や、海上自衛隊に所属し、普段の業務の他に海外医療支援に参加して歯科教育に携わるなど、幅広く活躍している人がいます。また、歯科診療所などに就職後、認定矯正歯科衛生士や日本歯周病学会認定歯科衛生士、ホワイトニングコーディネーター、インプラント専門歯科衛生士などの専門資格を取得する人もいます。

 

TOPICS

ニーズが高まる歯科衛生士。一生働ける仕事としても人気です。

この10年間で、歯科衛生士の数はおよそ1.5倍へと増加。少子高齢社会で、より一層必要とされるようになったためです。年齢別でも 50歳以上が全体の約2割と、長く働ける仕事でもあります。

 

歯科衛生科紹介動画のリンク画像

6分で歯科衛生科のポイントが分かる!
学生や卒業生が語る学科の紹介を動画でご覧ください。