短期大学部タイトル

3年間の学びの流れ

Menu

1年次

医学・歯科医学の基礎的な知識と心構えを学ぶ。

一般教養科目のほか、医学や歯科医学の基礎を学びます。理科系が苦手な人もきめ細かな指導で乗越えられます。

口腔生化学[1年次]

生体の構成要素とその化学成分や生命現象を支えるエネルギー代謝を学びます。また、その中で歯科衛生士の必要な生化学的・分子生物学的基礎知識を身につけます。

歯科予防処置論Ⅱ[1年次]

むし歯、歯周病の予防処置における専門的な知識、技能を身につけるために、科学的根拠に基づいた理論と手技について学びます。学生同士の相互実習も行い、歯科衛生士としての臨床能力を向上させます。

2年次

基礎実習と臨地・臨床実習で実践力を高める。

知識と技術を基礎実習で確実に身につけ、後期から歯学部附属病院などでの実習がスタート。福祉関連の科目も選択できます。

歯科臨床実習[2年次]

歯学部附属病院の各診療科において、患者さんを診療する歯科医師や歯科衛生士の指示を受けながら実習を行います。実践的な知識や技術の修得はもちろん、患者さんに対する態度や言葉づかいについても学びます。

3年次

臨地・臨床実習などで即戦力の技術を磨き、学習の総まとめをする。

前期は歯科臨床実習と臨地実習で実践力を磨き、後期は国家試験対策を兼ねた総まとめと少人数のグループ学習を実施。希望者は卒業研究も行うことができます。

実習についてはこちら

未来をひらくカリキュラム

実習などで友達と助け合うことも多くアットホームな雰囲気です

相野谷 美咲さんの写真
相野谷 美咲さん
歯科衛生科3年 神奈川県 戸塚高校出身

2年次前期までの授業は、座学と学内実習がメイン。
薬理学や微生物学など、歯科衛生士として備えておくべき知識を学べたのが良かったです。

1年次[前期]

「口腔生理学」では消化など人体と口腔の機能を踏まえ、顎口腔系の健康を考えます。

履修科目[1年次前期]2016(平成28)年度

1年次履修科目一覧の画像

鶴見大学 時間割 時間

2年次[前期]

治療の基礎となる薬の適切な使い方を学ぶ「薬理学」。
薬が作用する仕組みなど、基礎から教わります。

履修科目[2年次前期]2017(平成29)年度

2年次履修科目一覧の画像

鶴見大学 時間割 時間

歯科診療補助論

学生同士で歯の型を取合ったのが印象に残っています。普段は前からしか見ることのない歯を、立体的に認識することができました。

歯学部附属病院実習

口腔外科、矯正歯科など13の科を回り、それぞれの専門治療を学びます。専門的な治療も見学でき、歯科衛生士に向け大きな学びとなりました。