短期大学部タイトル

3年間の学びの流れ

Menu

1年次

医学・歯科医学の基礎的な知識と心構えを学ぶ。

一般教養科目のほか、医学や歯科医学の基礎を学びます。理科系が苦手な人もきめ細かな指導で乗越えられます。

歯科衛生統計[1年次]

歯科衛生統計

歯科衛生活動に必要な保健医療情報の収集からデータの解析まで講義を中心に演習を行います。

歯科予防処置論Ⅱ[1年次]

歯科予防処置論Ⅱ

むし歯、歯周病の予防処置における専門的な知識、技能を身につけます。学生同士の相互実習も行います。

2年次

基礎実習と臨地・臨床実習で実践力を高める。

知識と技術を基礎実習で確実に身につけ、後期から歯学部附属病院などでの実習がスタート。福祉関連の科目も選択できます。

歯科臨床実習Ⅰ[2年次]

歯科臨床実習Ⅰ

歯学部附属病院の各診療科において、患者さんを診療する歯科医師や歯科衛生士の指示を受けながら実習を行います。

3年次

臨地・臨床実習などで即戦力の技術を磨き、学習の総まとめをする。

臨地・臨床実習

前期は歯科臨床実習と臨地実習で実践力を磨き、後期は国家試験対策を兼ねた総まとめと少人数のグループ学習を実施。希望者は卒業研究も行うことができます。

実習についてはこちら

未来をひらくカリキュラム

髙岩 わかなさんの写真
髙岩 わかなさん
歯科衛生科3年 神奈川県 横浜栄高校出身

Q. 01 歯科衛生科を志望した理由をお聞かせください。
オープンキャンパスで口腔ケアが患者さんの健康に大きく関わるということを知り、人の役に立つ仕事がしたいと考えていた私に合っていると思ったからです。

Q. 02 歯科衛生科に入って良かった点は何ですか?
学ぶことや習得する技術が多い中で、共に支え合って成長できる仲間ができました。今まで知らなかった多くの知識を身につけることもできました。

Q. 03 歯科衛生科のカリキュラムについて良い点を教えてください。
先生方が優しく丁寧に教えてくださるので安心です。1年次から同じ先生が指導してくださるので、疑問を解消したいときなどに相談しやすい環境があります。

Q. 04 将来の目標について教えてください。
本学で確実な知識や技術を身につけて、将来は多くの患者さんから信頼され、常に笑顔で患者さんに安心感を与えられるような歯科衛生士になりたいです。

時間割例

1年次[前期]

2017年度 履修科目

1年次履修科目一覧の画像

鶴見大学 時間割 時間

2年次[前期]

2018年度 履修科目

2年次履修科目一覧の画像

鶴見大学 時間割 時間