短期大学部タイトル

基礎実習・歯科臨床実習・臨地実習

実習の画像「基礎実習」「歯科臨床実習」「臨地実習」
3つの実習の相乗効果で、歯科衛生士としての技術と自覚を高めます。

歯科衛生科の実習には、大学内で基本的な手技などを学ぶ「基礎実習」、歯学部附属病院、他大学医学部附属病院、総合病院や歯科診療所での「歯科臨床実習」、小学校や老人保健施設・福祉施設などで行う「臨地実習」の3つがあります。歯学部附属病院での「歯科臨床実習Ⅰ・Ⅱ」では、実際に患者さんと接しながら、歯科衛生士としての技術と自覚を養います。「臨地実習」では、口腔ケアのお手伝いなどをします。

口腔保健科では歯科衛生科実習生が主役!

口腔保健科は歯科衛生士と歯科医師の指導を受けての業務がメインになります。患者さんの磨き残しを調べ、正しい歯の磨き方を指導します。予防を重視して、多くの人の口腔疾患を減らす方法を学びます。

実習先が充実しています。

「歯科臨床実習」は歯学部附属病院を始め、歯科診療所50医院、「臨地実習」は鶴見区内の小学校22校、老人保健・福祉施設など10施設と多くの医院・学校・施設のご協力のもと、実習をしています。

  • 歯科臨床実習
    歯学部附属病院、他大学医学部附属病院、総合病院、歯科診療所において実習を行います。
    基礎実習終了後、最先端の専門知識や技能の研鑽、他職種連携やチーム医療を修得するために、さまざまな施設で実践的な実習を行います。
  • 臨地実習
    幼稚園・保育所、小学校や各施設での実習を通じて、実践力を身につけます。
    基礎知識、技術を基に、公衆衛生活動の現場において、円滑に業務を行う能力を習得するために、実習を行い、実践能力を身につけます。

実習体験[歯科臨床実習]

神田 沙希さんの写真
神田 沙希さん
歯科衛生科3年
神奈川県 有馬高校出身

幅広い年代の患者さんの口の中を見ることができそれぞれに合った接し方も身につく
附属病院での実習では、実際に現場で働いている歯科衛生士の方を間近に見ながら、器材準備と患者誘導を行いました。いろいろな方の口の中を見せていただき、さまざまな状態を把握できたことが勉強になりました。病院には小さい子どもからお年寄りまで幅広い年代の方が来院されていたため、それぞれの患者さんに合った接し方ができるようになりました。

8時50分 登院・診療準備
患者さんを迎える準備。診察室やユニットの清掃、点検を行い、器具を準備します。
9時00分 実習開始
担当ドクターのもと、バキューム・ライティングなどの介助や歯面清掃を担当します。
12時00分 昼休み
昼食を食べつつ午前中の診療内容をおさらい。反省点を頭の中で整理し、午後の準備を。
13時00分 実習再開
午前中に引続きドクターのアシストを行います。実習生同士で相互実習をすることも。
16時00分 診療終了
診療室やユニットを清掃し、材料・薬品など消耗品を補充して、翌日の診療に備えます。
16時30分 実習まとめ
担当歯科衛生士やドクターと1日を振り返り、不明点を質問。細かくアドバイスを受けます。
帰宅後 診療日誌作成
1日分の診療内容や新しい学び、自ら気づいた課題を細かく記入して、翌朝提出します。


実習アイテム実習アイテムの写真
「むし歯」と「かぶせもの」についてまとめたハンドブック。予習・復習のほか、実習中の治療法が分からなかったときの確認にも使います。

 

TOPICS

新百合ヶ丘病院での実習

新百合ヶ丘病院での実習近年、総合病院において、周術期口腔機能管理(手術を受ける患者さんへの口腔ケア)での歯科衛生士業務の需要が高まると同時に、多職種連携やチーム医療が必要となっています。本科では他大学医学部附属病院や複数の総合病院に協力を得て、希望者に対して実習を行っています。
2020年4月からは川崎市にある新百合ヶ丘総合病院でも実習が始まりました。卒業後の進路の選択肢が広がる実践的な実習が行われています。

 

 

 

VOICE

ラザ 美宇 セーラさんの写真
ラザ 美宇 セーラさん
歯科衛生科3年 神奈川県 瀬谷西高校出身

病院歯科における歯科衛生士の役割を理解し、外科処置で使用する器具とその用途などについて学びました。
また実習を通して、口腔ケアは単に歯の治療だけでなく、すべての疾患に関わる重要なことだと実感しました。
この経験を活かし、患者さんの有病歴などを見て適切な処置を行っていきたいです。