短期大学部タイトル

基礎実習・歯科臨床実習・臨地実習

実習の画像

「基礎実習」「歯科臨床実習」「臨地実習」
3つの実習の相乗効果で、歯科衛生士としての技術と自覚を高めます。

歯科衛生科の実習には、大学内で基本的な手技などを学ぶ「基礎実習」、歯学部附属病院や歯科診療所での「歯科臨床実習」、小学校や老人保健施設・福祉施設などで行う「臨地実習」の3つがあります。歯学部附属病院での「歯科臨床実習Ⅰ・Ⅱ」では、2年後期から3年前期にかけ、歯学部附属病院のほとんどすべての診療科を回り、実際に患者さんと接しながら、歯科衛生士としての技術と自覚を養います。「臨地実習」では、子どもたちに歯磨き指導をしたり、高齢の方や障がいのある方の口腔ケアのお手伝いなどをします。

口腔保健科では歯科衛生科実習生が主役!

歯学部附属病院での「歯科臨床実習Ⅰ・Ⅱ」で回る各診療科のなかでも、特に口腔保健科は歯科衛生士単独の業務がメイン。染め出し剤で患者さんの磨き残しを調べ、正しい歯の磨き方を指導します。予防を重視して、多くの人の口腔疾患を減らす方法を学びます。

実習先が充実しています。

「歯科臨床実習」では歯学部附属病院を始め、歯科診療所44医院、「臨地実習」では鶴見区内の小学校22校、老人保健・福祉施設など9施設と数多くの医院・学校・施設に実習先としてご協力いただき、実習をしています。

実習体験

横田 萌さんの写真
横田 萌さん
歯科衛生科3年
神奈川県 桜丘高校出身

8時50分 登院・診療準備
患者さんを迎える準備。診察室やユニットの清掃、点検を行い、器具を準備します。
9時00分 実習開始
担当ドクターのもと、バキューム・ライティングなどの介助や歯面清掃を担当します。
12時00分 昼休み
昼食を食べつつ午前中の診療内容をおさらい。反省点を頭の中で整理し、午後の準備を。
13時00分 実習再開
午前中に引続きドクターのアシストを行います。実習生同士で相互実習をすることも。
16時00分 診療終了
診療室やユニットを清掃し、材料・薬品など消耗品を補充して、翌日の診療に備えます。
16時30分 実習まとめ
担当衛生士やドクターと一日を振返り、不明点を質問。細かくアドバイスを受けます。
帰宅後 診療日誌作成
1日分の診療内容や新しい学び、自ら気づいた課題を細かく記入して、翌朝提出します。

実習アイテムの写真
実習アイテム
「むし歯」と「かぶせもの」についてまとめたハンドブック。予習・復習のほか、実習中の治療法が分からなかったときの確認にも使います。

TOPICS

東邦大学医療センターでの実習

鶴見大学短期大学部 歯科衛生科 東邦大学医療センターでの実習の様子近年、悪性腫瘍の手術治療、放射線腫瘍や化学療法の際、口腔ケアによって治療後の合併症を減らせることが分かり、総合病院での歯科衛生士の需要が急上昇しています。そのため、本科では全国に先駆けて、2~3年次の病院実習において、1週間の医学部附属病院(東邦大学医療センター大森病院)での実習を行っています。更に、医師や看護師、検査技師といった他職種とのチーム医療も学ぶなど、幅広い知識の修得に努めています。