短期大学部タイトル

保育科 2年間の学びの流れ

Menu

1年次

乳幼児の就学前教育の基本を学び、実習で現場に触れる。

4月から附属三松幼稚園での見学実習を実施し、幼児教育や保育の目的、その内容と方法などを学びます。11月からは子どもたちと触合う実習が始まります。

身体表現I・Ⅱ

身体表現Ⅰ・Ⅱ

童謡などに合せたダンス創作を通して、身体表現の基礎だけでなく、子どもへの声かけや保育者に必要な配慮を実践的に学ぶことができます。

2年次

知識と技能を高めながら“現場で伸びる”豊かな人間性を獲得。

子どもをサポートするための基礎技能科目や乳幼児・障がい児、福祉に関する科目などを学修。協力園での学外実習も行い、人間性の向上にも努めます。

保育・教職実践演習

保育・教職実践演習

教職担当の教員や、さまざまな教科・保育担当者から教師に求められる基本姿勢、対応力の向上、クラス運営、指導力について、講義やグループ討議、模擬授業などの形式で学びます。

未来をひらくカリキュラム

入江 楓さんの写真

入江 楓さん
保育科2年 神奈川県 鶴嶺高校出身

Q. 01 保育科を志望した理由をお聞かせください。
無邪気で表情豊かな子どもたちのことを近くで見守り、成長していく過程でのお手伝いができる職業に就きたいと思ったからです。

Q. 02 保育科に入って良かった点は何ですか?
附属幼稚園で1日実習を行ったうえで外部の教育実習に行けるので心強いです。授業で出される課題は実践的な力につながるものばかりなので、やりがいがあります。

Q. 03 保育科のカリキュラムについて良い点を教えてください。
実践的な科目が多く、現場経験の豊富な先生方が経験談も踏まえて分かりやすく指導してくださいます。仏教保育について学べることも大きな魅力です。

Q. 04 将来の目標について教えてください。
子どもの目線に立ち心の声を聞ける保育者になりたいです。子どもたちが多くのことを体験できる環境を作り、同じ時間を共有して共に成長していきたいです。

時間割例

2019年度より新カリキュラムを導入します。下記時間割は、新カリキュラムに沿った時間割です。

1年次[前期]

2019年度 履修科目

1年次履修科目一覧の画像

鶴見大学 時間割 時間

1年次[後期]

2019年度 履修科目

1年次履修科目一覧の画像

鶴見大学 時間割 時間

幼稚園での「教育実習」

附属三松幼稚園で一日実習を体験したのち、外部での実習に臨みます。また、学生は空き時間にいつでも附属三松幼稚園を見学できます。

児童養護施設

諸事情で家族による養育が困難な子どもを養う児童養護施設。子どもたちとより深く関わることができる施設への就職に興味があります。