短期大学部タイトル

保育科 2年間の学びの流れ

Menu

1年次

乳幼児の就学前教育の基本を学び、実習で現場に触れる。

4月から附属三松幼稚園での見学実習を実施し、幼児教育や保育の目的・意義、その内容と方法を理解する基礎を学びます。11月からは実習がスタート。子どもたちと触合い、学びの意欲が高まります。

2年次

知識と技能を高めながら“現場で伸びる”豊かな人間性を獲得。

子どもをサポートするための基礎技能科目や乳幼児・障がい児、福祉に関する科目などを学修。協力園での学外実習も行い、人間性の向上にも努めます。

身体表現I・Ⅱの画像保育・教職実践演習の画像

未来をひらくカリキュラム

児童養護施設で子どもたちのことをもっと知りたい!

東郷 友さんの写真

東郷 友さん
保育科2年 神奈川県 瀬谷高校出身

どの先生も熱意あるご指導で、現場で子どもが実際にどう振舞うのかを丁寧に教えていただき、保育士への想いが強まります。
将来は児童養護施設で、支援が必要な子どもたちと同じ時間を過ごしたいです。

1年次[前期]

「造形表現Ⅰ」では、子どもに身近な材料・道具を使って自ら遊ぶことで、造形を楽しみながら理解を深めます。

履修科目[1年次前期]2017(平成29)年度

1年次履修科目一覧の画像

※1年次の履修例を掲載しています。

鶴見大学 時間割 時間

1年次[後期]

「保育内容研究a」では、養育者・保育者と子どもとの信頼関係など、
社会性を育む人間関係について学びます。

履修科目[1年次後期]2017(平成29)年度

2年次履修科目一覧の画像

※1年次の履修例を掲載しています。

鶴見大学 時間割 時間

幼稚園での「教育実習」

附属三松幼稚園で一日実習を体験したのち、外部での実習に臨みます。また、学生は空き時間にいつでも附属三松幼稚園を見学できます。

児童養護施設

諸事情で家族による養育が困難な子どもを養う児童養護施設。子どもたちとより深く関わることができる施設への就職に興味があります。