キャンパスライフタイトル

歯学部

歯学部国際交流の画像

全世界に広がるネットワーク

本学での研修修了証を手にする本学での研修修了証を手にするインドCIDS研修生の様子の写真歯学部は国際交流委員会を中心に、世界で活躍できる歯科医師の育成と、国際的な視野を持った教員を養成するため積極的な活動を展開しています。

国際交流の歴史は、1986(昭和61)年、中国の首都医科大学口腔医学院との姉妹校締結から始まりました。現在はそれに加え、檀国大学校(韓国)、メルボルン大学(オーストラリア)、ロンドン大学クイーン・メアリー校(イギリス)、香港大学(中国)、ペラデニア大学(スリランカ)、ベルン大学(スイス)、ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)、クーグ・インスティテュート・オブ・デンタル・サイエンスィズ(インド)、台北医学大学口腔医学院(台湾)、イスタンブール大学(トルコ)でも研究者の交流や共同開発を推進中です。

学内外での貴重な“ 国際体験”で視野を広げる

歯学部附属病院にて臨床見学を行うロンドン大学学生画像イギリス、インド、中国などさまざまな国から学生や研究者が訪れるため、キャンパス内では国際交流が盛んです。

歯学部附属病院での臨床見学など、歯学部ならではの国際交流を提供しています。また主に学内にて特色ある文化体験や研修をゲストに提供するほか、本学学生とゲストが交流できる場として誰でも参加可能な歓迎会や受入れイベントの運営に携わることができる学生ボランティア活動など多彩な企画を実施しています。

また、海外研修を希望する学生には各協定校への短期派遣プログラムもあります。本学の国際交流ネットワークの広がりと共に、各研修の受入れ・派遣は発展を続けています。

歯科医療で難民支援

歯学部附属病院にて治療を受ける難民申請者の写真2010(平成22)年2月より、日本政府に難民認定を申請している外国人の歯科検診・診療を無償で行っています。

これは医療系大学の組織立った連携に基づく支援としては世界で初めての取組みです。本プロジェクトは鶴見大学、2度のノーベル平和賞を受賞しているUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)、難民支援を行うNGO団体(FRJ)が共同で行うものです。2017(平成29)年12月末までに、国民健康保険がなく治療を受けられない難民申請者を世界38の国と地域から212人、診療回数にして1,867回受入れています。

心の教育を標榜する本学ならではの革新的な国際支援です。

 

文学部

文学部国際交流の画像

充実の長期留学制度

リジャイナ大学の本学留学生の写真カナダのサスカチュワン州にある州立リジャイナ大学、オーストラリアのニューイングランド大学への長期留学制度を実施しています。

ホームステイをしながら、英語コミュニケーション関連の科目を集中的に学びます。英語英米文学科では本プログラムが専門科目の単位として認定され、留学をしても4年間で卒業が可能です。毎年、約6名の学生が本学の留学支援金を得て留学しています。

 

各学科でも海外研修・実習を実施

ニューイングランド大学での海外文化研修の写真英語英米文学科では、夏休みに短期の海外研修プログラムを用意。アメリカのカリフォルニア・ドミニカン大学では3週間の「海外英語研修」、オーストラリアのニューイングランド大学では2週間の体験型「海外文化研修」を実施しています。

文化財学科では、4年次の実習で「国外コース」を選択すると海外の文化財を巡検できます。これまでに中国の上海、紹興、そして台湾などを訪れています。また本学で受入れる留学生や海外ゲストへ、歓迎会やフィールド・トリップなどを実施し、学生が学内で国際交流に関わることができる機会を提供しています。

 

国際インターンシップ生を受入れ

インターンシップ生による図書館業務体験の写真毎年7月頃にはドキュメンテーション学科にて、学術交流協定校である北京大学情報管理学科(中国)、中山大学情報管理学部(中国)、世新大学情報コミュニケーション学科(台湾)の学生を国際インターンシップ生として受入れています。

受入れ期間中は特別授業、鶴見大学図書館で貴重書の見学や図書館業務の体験、日本文化体験などを行います。

 

 

 

短期大学部

エジプトにおける幼児教育指導者・責任者が保育科で研修

鶴見大学短期大学部 保育科 国際交流

JICA(国際協力機構)横浜センターの要請を受け、中東諸国の幼児教育指導者・責任者に対する研修を毎年行っています。

2017(平成29)年度は、14日間エジプト国別研修「乳幼児ケアと就学前教育」研修員13名が来日。2週間に渡って日本の就学前教育に関するレクチャーや授業体験、学生との交流、附属三松幼稚園の見学などを行いました。学生にとっても、海外の乳幼児教育を知る機会になっています。