歯学部タイトル

超高齢社会へのニーズに対応する歯科医師の必要性

歯学科写真歯科医師に最も求められるのは、真に患者さんの立場に立った医療を提供すること。
口腔だけではなく全身的な背景を含めて、患者さんに寄り添う医療を提供できる歯科医師を目指します。
そのため早期からの倫理教育も充実しており、更に5年次からの「臨床実習」などを通して実際に患者さんを診療するなかで、診療に関わる知識・技術に加え、実践力やコミュニケーション能力を培います。

 

  矢印 こんな人にオススメ

  • 歯科医師を目指したい
  • 医療を通して人の役に立ちたい
  • 世界で活躍する研究者になりたい  
  • 手先の器用さを活かしたい

 

学科の特長

アイコン(旗) 01;短期集中カリキュラムで学びの習得を効率化

1〜4年次の学習カリキュラムは前期2期、後期3期からなり、集中して学べるよう構成されています。
特に年度末の最終期(5期)は総合歯科医学として前・後期で学んだ全科目の整理・復習を行います。

7週完結型の短期集中カリキュラムの図

 

アイコン(旗) 02;入学時から始まる歯科医学の専門教育

入学時から始まる歯科医学の専門教育入学時から始まる歯科医学の専門教育

1年次では高校の理数系科目を中心に再学習し、基礎的な科学的素質と共に早期から歯科医学の専門分野に触れます。
更に歯科医学の知識を養いながら医療人としての倫理観も学びます。

 

アイコン(旗) 03;「歯」のみにとどまらず医学部レベルの学び

「歯」のみにとどまらず医学部レベルの学び入学時から始まる歯科医学の専門教育

歯学の領域は「歯」のみにとどまらず「口腔全体」のさまざまな組織と器官に及びます。
本学では全身の医学知識を身につけ、身体の健康を維持するための口腔の役割を学びます。

 

アイコン(旗) 04;ICT※(情報通信技術)を活用した教育

ICT( 情報通信技術)を 活用した教育

タブレット端末による学習支援システムや演習問題の配信システムなど、ICT を活用した教育ツールを独自に開発。
4年次に行われる全国共用試験や将来の歯科医師国家試験に備えて活用します。

※ICT(Information and Communication Technology):情報通信技術

 

 

アイコン(旗) 05;学生自らが患者さんを診療する診療参加型の臨床実習

本学の附属病院に来院される1日あたり800~1000人の患者さんのご協力で、5年次では指導医のもと、学生自らが患者さんを診療する「診療参加型」の臨床実習を行います。

 

アイコン(旗) 06;全学年、少人数教育で手厚くサポート

全学年を通して、学生数名につき教員1名が担当し、成績の推移を基に勉強方法や苦手分野の克服をアドバイスします。
また、スケジュールや健康面の管理にも気を配り、歯科医師国家試験合格を目指します。

 

取得できる資格

国家資格・歯科医師免許の取得を目指します。

歯科医師免許取得後は1年間の卒後臨床研修が義務づけられています。
研修修了後は、研究者及び歯科医師としての道が拓けます。

 

VOICE

西尾 博明さんの写真

西尾 博明さん
歯学科4年 北海道 北嶺高校出身

歯科医師になる目標がますます明確に
年次が進むと、入れ歯を作ったり、歯を削ったりと、本格的な実習が増えてきます。また、口はただ食べるだけではなく人体にとって重要な役割を果たしていることなど、医学的な知識も身についてきました。なんとなく目指していた歯科医師ですが、今は歯科医師になりたいという自覚がはっきりと芽生えてきたように思います。毎日の授業を大切にし、多くを学んでいきたいです。

三宅 梨湖さんの写真

三宅 梨湖さん
歯学科4年 宮城県 石巻好文館高校出身

少人数だからこそ学びが深まっていく
楽しそうな大学だなと思っていたイメージは、実際に入学してまさにその通りでした。それは先生方が親身になって指導してくれるからこその雰囲気だと感じています。また、資料や講義が分かりやすいこと、設備が想像以上に整っていることが日々の学習のしやすさにつながっています。少人数グループで実習を行うことでより深く学べることが、鶴見大学に入学して何よりも良かった点です。


 

矢印 新型コロナウイルス感染症対策に関して

新型コロナウイルス感染症対策に関して

新型コロナウイルス感染症の感染対策及び拡大防止の観点から、早期から積極的に遠隔授業を活用してきました。
また、遠隔授業と併せて、実習科目をはじめとしたカリキュラムの特性に基づき、マスクの着用、手洗いや消毒の徹底、ソーシャルディスタンスに配慮しながら3密を回避するなど衛生管理を強化しつつ、対面授業も併せて実施しています。