歯学部タイトル

超高齢社会へのニーズに対応する、歯科医師の必要性

歯学科歯科医師に最も求められるのは、真に患者さんの立場に立った医療を提供すること。
口腔だけではなく心と身体の全身を理解することを重視し、早期から医療人としての倫理観を高めます。
更に、5年次からの「臨床実習」などを通して実際に患者さんを診療するなかで、実践力やコミュニケーション能力を培います。

  矢印 こんな人にオススメ

  • 歯科医師を目指したい
  • 医療を通して人の役に立ちたい
  • 世界で活躍する研究者になりたい  
  • 手先の器用さを活かしたい

 

学科の特徴

アイコン(旗) Feature 01;7週完結型の短期集中カリキュラム

1~4年次の学習カリキュラムは前期2期、後期3期からなり、集中して学べるよう構成されています。特に年度末の最終期(後期3期)は総合歯科医学として前・後期で学んだ科目の整理・復習を行います。

アイコン(旗) Feature 02;1年次から歯科医学の専門教育

1年次では高校の理数系科目を再学習し、基礎的な科学的素質と共に早期から歯科医学の専門分野に触れ、歯科医学の知識を養いながら医療人としての倫理観も学びます。

アイコン(旗) Feature 03;医学部レベルの基礎医学科目

歯学の領域は「歯」のみにとどまらず「口腔全体」のさまざまな組織と器官に及びます。本学では全身の医療知識を身につけ、身体の健康を維持するための口腔の役割を学びます。

アイコン(旗) Feature 04;ICT(情報通信技術)を活用した教育

タブレット端末による学習支援システムや演習問題の配信システムなど、ICT を活用した教育ツールを独自に開発。4年次に行われる全国共用試験や将来の歯科医師国家試験に備えて活用します。

アイコン(旗) Feature 05;診療参加型の臨床実習

本学の附属病院に来院される1日あたり800~ 1000人の患者さんのご協力で、5年次では指導医のもとで学生自らが患者さんを診療する「診療参加型」の臨床実習を行います。

アイコン(旗) Feature 06;チューター制

全学年を通して、学生数名につき講師1名が担当し、成績の推移を基に勉強方法や苦手分野の克服をアドバイスします。
また、スケジュールや健康面の管理にも気を配り、歯科医師国家試験合格を目指します。