歯学部タイトル

臨床実習

Menu

未来へのステップ

臨床実習生

初めて患者さんを治療した臨床実習の緊張感と温かな会話は、忘れられない経験です。

藤浪さをりさんの写真

歯学科6年 新潟県 糸魚川高校出身
藤浪 さをりさん

臨床実習の「総合歯科Ⅰ」では自分の患者さんを持ち、治療計画や治療の内容を先生と相談しながら自分で考え、治療を行います。「各科実習」では、口腔外科では普段入ることのない手術室で手術のアシストに加わり、小児歯科では子どもにむし歯を予防するフッ素塗布やシーラントを経験。初めて患者さんに接したレジン充填の治療では、「私が初めての患者ね、1年間よろしくね」と言われ、とても嬉しかったです。患者さんとは何よりコミュニケーションが大切。将来はいろいろなことに挑戦しながら、患者さんの気持ちを考え、人として向き合える歯科医師になりたいと思っています。

  • 初めての抜歯の実習で予習の成果を実感

初めての抜歯で緊張しましたが、患者さんから「いつ抜いたか分からなかったわよ。初めての経験ができて良かったわね」と温かい言葉をいただきました。事前にしっかり予習をしたことが患者さんのためになり、自分の自信にもなりました。

  • 見学実習では口腔内治療の領域の広さに驚く

口腔外科の手術見学で頸部郭清術という頸部リンパ節転移に対する手術を見学。歯科医師といえば、う蝕の治療や義歯の作製などを思い浮かべていましたが、同じ歯科医師免許でこのような治療も行えることを知り、視野を広く持とうと思いました。

  • CBTの勉強の知識を超える現場の進んだ技術に感動

見学実習で、顎骨に病変のある患者さんのパノラマ(画像)を見せてもらいました。CBT(臨床実習前の評価試験)の勉強では下顎骨半側切除とされるところを、臨床で部分切除とし、義歯を入れて機能が回復した症例だったのが印象的でした。

卒後臨床研修歯科医師

何十人という患者さんを一から担当。
さまざまな症例に向き合うことで幅広い知識・技術を蓄えています。

辻崇尚さんの写真

歯学科 2017年3月卒業 鶴見大学歯学部附属病院 臨床研修歯科医師
辻 崇尚さん

鶴見大学を卒後臨床研修先に選んだのは、多くの患者さんを通年担当できるので、治療法だけでなく治療の流れそのものを学ぶことができるから。また本学では5年次の臨床実習で、先生の指導のもと実際の患者さんを1年間担当するという、全国の歯学部でも珍しいシステムを取入れているため、臨床にも強くなります。私は患者さんへの理解を深め、きめ細かな治療を行うために「コミュニケーション」を大切にしていますが、治療後に患者さんから「ありがとう」と感謝されたときは、とてもやりがいを感じます。将来は、誰にでも分け隔てなく親身になり丁寧に治療をする、私の父のような歯科医師をめざしています。