歯学部タイトル

臨床実習

Menu

臨床実習

5年次から始まる歯学部附属病院での臨床実習。その直前には学部長や病院長も出席する厳粛な「登院式」が行われます。
自覚と責任を胸に刻み、いよいよ患者さんと対面します。

診療参加型臨床実習

症例報告会

歯科医師の心構えや医療倫理、患者さんとの接し方、また座学も含まれています。
並行して人体模型での治療シミュレーションや症例ごとの治療計画の立案、症例報告会な どのプログラムも用意されています。

自ら患者さんを診療

初診では、「口腔内診査」で患者さんの歯や口腔内をチェックし、その後は多様な診療科を回り、各実習生が5 ~ 6 名の患者さん を担当。患者さんの気持ちに配慮した診療を実地で学びます。

臨床各科実習

難易度の高い外科手術は、手術見学によって学習。顎の腫瘍手術など、先生方の高度な手術技術を目に焼きつけます。他にも、放射 線科でのX 線画像診断実習など、歯科医師に必要な技能を磨きます。

 

未来へのステップ

臨床実習生

治療のみならず治療に至るまでのプロセスも学びさまざまな患者さんと向き合えることがメリット

中道 匠さんの写真

歯学科6年 大阪府 岸和田高校出身
中道 匠さん

臨床実習では4年間の座学や模型実習で学んできたことを基に、どういった考えでどの治療法を選択するのかを追究。
実際に患者さんに対して治療を行うことで「現場の空気」や「対応」も学んでいます。 与えられた課題として治療を行うのではなく、自分自身で考え必要と判断して治療に臨むためには、治療計画を立てる際に患者さんの訴えと状態を十分に理解しておく必要があります。
その点、鶴見大学の臨床実習はただ治療をするのではなく、治療に至るまでのプロセスも学べ、さまざまな患者さんと向き合えることがメリット。将来は、十分な医療を受けられない途上国の人々にも、より良い歯科医療を提供できる歯科医師になりたいと考えています。