歯学部タイトル

授業

Menu

口腔内生理学歯内療法学実習

 

主な歯科基礎医学科目

早期から基礎医学の専門分野に触れると共に、歯科基礎医学の知識を学びます。

解剖学[2年次]

ミクロの細胞同士が集まって人全体が成り立つまで、その形態と構造さらに変化までを学習します。また、歯学部であっても頭部・頚部ばかりでなく、体幹から下肢まで全身の解剖学実習をおこない、人体の全身構造を深く理解します。

病理学[2・3年次]

一般病理では疾病の原因や形態変化の一般的通則について、口腔病理では歯科医学に関する病態について学びます。更に、病態の組織変化を理解する実習を行います。

全身医学に関する科目

全身の医学を扱う隣接医学を学び、口腔と全身との関係を把握します。
これからの歯科医師には全身の医療知識が必要です。
歯学の領域は「歯」のみにとどまらず、「口腔全体」のさまざまな組織に及びます。

外科学[4年次]

歯科医学と密接に関連する外科的領域の知識を養ったうえで、歯科の治療の際に十分に考慮すべき顔面・頸部の外科的疾患の他、外科の各領域についても学びます。

精神科学[4年次]

統合失調症やうつ病など精神疾患の症状や診断、治療について学ぶと共に、歯科診療を行ううえで遭遇する精神疾患患者についても知識を深めます。

臨床実習

臨床実習[5~6年次]

診療参加型臨床実習です。
5年次から、病院での実習がスタート。患者さんから”先生”として頼られる経験を通じて、臨機応変な対応力と責任感を養っています。

臨床実習についてはこちら

TOPICS
歯科医療への新たなニーズに対応する育成プログラム

1年次の成績上位者を対象としたアドバンスコース

入学後の成績優秀者を対象に、PBLアドバンスコースの特別授業を開講。正規のカリキュラムから一歩進んで実験・実習も豊富に取入れた「問題解決型」の学習プログラムに、教員と学生が一体となって積極的に取組んでおり、次世代の歯科医療を支える人材育成をめざしています。

地域包括ケアシステム総論が3年次必修科目に

高齢化の進展によって、従来の開業医型では対応が困難な在宅型診療へのニーズが高まっています。そのため多様な診療に対応できる資質涵養を目的とした「地域包括ケアシステム総論」を2017年度から3年次の必修科目に組み入れています。高齢者・障害者への歯科治療や地域医療、また摂食嚥下リハビリテーションなどのあり方への理解を深めていきます。

学習サポート

チューター制

学生数名につき講師1名が継続して担当し、成績の推移をもとに勉強方法や苦手分野の克服をアドバイスします。スケジュールや健康面の管理にも気を配っています。

ICTを活用した教育ツールによる試験対策

タブレット端末による学習支援システムや演習問題の翌日配信システムなど、ICTを活用した教育ツールを独自に開発。学生は4年次に行われるCBTや卒業後の国家試験に備えて、活用しています。
※ICT(Information and Communication Technology):情報通信技術

自習室

夜は20時まで、土日も開放する自習室は、いつも歯学部生が集う場所です。自学自習に集中できる最適な環境を提供しています。