鶴見大学図書館 > ご利用案内 > 利用案内(学内) > 10月1日からの開館状況・サービス実施

10月1日からの開館状況・サービス実施

10月1日以降の開館状況

​1.開館時間について

月曜日~金曜日   8時50分~19時

土曜日   8時50分~12時30分

日曜日   閉館

 

2.「学生向け図書配送貸出」「学生向け文献複写郵送」サービスについて

一旦、8月8日(土)で終了しておりますが、後期授業開始後も、科目によっては遠隔授業

が実施されるため、サービスを再開します。

実施期間 :2020年9月14日(月)から後期の遠隔授業終了日まで

○「学生向け図書配送貸出」返送料の大学負担について

9/14(月)より再開いたしました「学生向け図書配送貸出」の配送料に関しては、発送のみを大学が負担してきましたが、10/1以降は返送時の料金についても大学が負担します。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

○学生向け図書配送貸出 

配送貸出で1度に貸出できる冊数 

・文学部1~3年生・歯学部・短大部学生 6冊まで

・文学部4年生 10冊まで

・文学部大学院生・短大部専攻生 15冊まで

※月3回まで利用可能

 

〇学生向け文献複写郵送サービス

対象者:文学部4年生、大学院生(文学研究科)、専攻生(保育・福祉)

サービス期間:後期の遠隔授業終了日まで

※1回に文献3件まで利用可能

 

3.配送貸出期間の貸出上限冊数と貸出期間の延長について

 

〇一人当たりの貸出上限冊数 

・文学部1~3年生・歯学部・短大部学生: 10冊(変更前6冊)

・文学部4年生: 15冊(変更前10冊)

・文学部大学院生・短大部専攻生: 20冊(変更前15冊)

備考 : 貸出限度冊数には現在貸出中の冊数も含まれます。

 

○貸出期間: 1ヶ月

返却については、図書館カウンター、返却ポスト、送付(郵送等の際は送料自己負担)にて受付ます。登校日に返却をお願いします。

4.後期からの学生・大学院生の閲覧室利用制限の緩和について

後期開始後(9月14日~)、時間制限と人数制限を行いながら、閲覧席(座席制限は継続)、PC(台数制限は継続)、コピー機の通常利用を再開します。

  •  時間制限:2時間まで
  •  人数制限:30名まで
  •  制限方法:カウンターで学生証の提示および名簿に記入後、手提げ袋と時間を記入したカードを配付し、退館時に返却。
  •  閲覧席:座席制限表示のない席は利用可
  •  PC:PC席制限表示のない席は利用可
  •  コピー機:通常利用可

 ※グループ学習、セミナー室は引き続き利用停止

 

5.ラーニングコモンズ(学修支援スペース)のグループ利用(授業等)再開について​

密を避けた状態で利用を段階的に再開します。利用に際しては、カウンターまで個別にご相談ください。​

6.検温の実施について

入館時にサーモカメラによる検温の実施は継続します。

体温が37.5度以上の方については、入館をお断りいたします。

※来館する際は、大学HPの「重要なお知らせ」の登校時及び日常の注意事項と学生生活について(7月6日掲載、7月29日更新)を参考にしてください。

https://www.tsurumi-u.ac.jp/soshiki/2/200706.html

 

7.利用停止が継続される方

以下の利用者については、閲覧席の利用が出来ないことなどから、当面の間、利用停止を継続し、今後の文部科学省からの通知文書や公共図書館、他大学図書館等の利用制限の状況を勘案し、改めて検討いたします。

・中学校・高等学校生徒

 附属中学校・高等学校生徒、近隣の高等学校生徒等

・学外の方

 区民利用者、卒業生、その他学外の研究者等、横浜市内大学コンソーシアム、神奈川県図書館協会、佛教図書館協会等での利用者等

Close