キャリア・就職支援タイトル

本学は、インターンシップを積極的に推進しています!

インターンシップを行うことにより、実社会(企業)での就労体験を通じて、自分の進路や職業に対する関心を高め、『やりがい』や『働きがい』を見つけ、自分の適性や適職は何かを見極めながら、将来計画のきっかけづくり(自分の弱み・強みを認識し、以後の学習目標の設定に活かす)を目標に取り組んでいます。
本学が独自で企業に受入を依頼して実施する鶴見大学インターンシップをはじめ、横浜商工会議所と横浜市内の企業が連携した「横浜インターンシップ」に積極的に参加した結果、学生から「企業や就職への意識が変わり貴重な体験となった」「コミュニケーションの大切さを改めて認識できた」等、数多くの意見が寄せられています。

  • 横浜インターンシップとは

地域経済の担い手となる学生の職業意識を高め、主体的な職業選択と専門能力を向上させる機会を提供するため、横浜市内10 大学と市内の企業、横浜商工会議所が連携したインターンシップ制度のことです。

 

企業の皆様へ

学生がインターンシップを通して貴重な体験ができたことは、本学としても企業様のご協力があっての賜物とたいへん感謝しております。
今後も学生への就労意識の高揚を目指すとともに、実際に就労体験をさせることで、企業活動や社会常識を身に付けさせていきますので、是非とも企業様のご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
なお、インターンシップ受入についてご検討いただける企業様には、「インターンシップ受入ガイド」及び提出書類3種(「受入確認書」「受入企業概要書」「受入計画書」)のデータファイル版を作成いたしました。「インターンシップ受入ガイド」の内容をご確認の上、本学キャリア支援課までメールまたは、Faxでお送りください。

各種書類(データファイル)

受入企業→大学

学生の皆さんへ

インターンシップとは夏季休暇などを利用して民間企業や官公庁などで就労体験することです。アルバイトと違って社員と同じように仕事をしながら、働くことへの自覚を高め、将来の夢や目標を育みます。本学では大学独自のインターンシップ制度に加え、横浜インターンシップ制度にも参加。早期に実社会を体験することで、視野を広げ、人間的に成長できるよう、キャリアアドバイザーを置いてサポートを推進しています。英語英米文学科ではインターンシップが正課授業にあり、履修すれば単位として認定されます。

voice

インターンシップ

中山 可歩理 さん
インターンシップ先:株式会社くらしの友
日本文学科4年 栃木県 宇都宮文星女子高校出身

1 対1で親身にアドバイスをしていただき、インターンシップでめざす職業が見つかった

キャリアアドバイザーの方々に、1 対1 の面談形式でインターンシップ先の紹介や履歴書の添削、事前講座、実習後の成果報告書の添削などをしていただきました。実習中には、より多くのお客様に出会うための企画をグループワークで考えたり、働く現場を見学させていただいたことで、接客業やサービス業の仕事に就きたいと思うようになりました。