キャリア・就職支援タイトル

キャリア支援課のご案内

Menu

キャリア支援課

自分をしっかり見つめ、何事にもチャレンジ精神で!

企業等への就職活動時期は年々早期化しています。大学入学当初から将来何をしたいのかをはっきりさせ、何のために勉強するのかを自覚して、学生生活を充実させることにより成功を収めることができます。
そこで、キャリア支援課は皆さんが早い段階から自分を理解するように努め、社会に出ることの意味や目的を明確にし、将来の方針を固めることの手助けをしたいと、就職支援に取り組んでいます。
特に、学生の皆さんには、年間の主な活動スケジュールを参考に、早い時期からキャリア支援課の各種資料を閲覧利用して、進路について早めの対策を立てることをすすめています。

充実した相談体制

早期学年から「なりたい自分」を見つけることで、その後の学生生活や就職活動はより有意義なものとなります。キャリア支援課にはキャリアアドバイザー12名(うち7名のキャリアコンサルタント(国家資格)を配置)がおり、さまざまな支援を行っていますが、特に個別面談を重視し、学年を問わずいつでも相談できる体制を整えています。

キャリアアドバイザー

「なりたい自分」を一緒に考え、そこに向かうために全力でサポート。

キャリア支援課では、就職相談はもちろん、学生の気持ちに寄り添いながら一人ひとりの「なりたい自分」についてキャリアアドバイザーが一緒に考えます。
キャリアアドバイザーとの対話を通じ、将来、進みたい進路や目標などが具体的に見え、それを実現するために自らの力で一歩を踏出す勇気が出るはずです。

目標の道へと後押しするキャリアカウンセリング。

就職活動のスタートは、漠然とした不安を解消することから。採用試験に役立つ実践的なノウハウも指導します。

可能性を引出す個別面談

個別面談

興味があること、将来やってみたいことなど、本音を誰かに話すのは苦手な人も多いのではないでしょうか。私たちキャリアアドバイザーは、「本当に話したいこと」にこそ、大切なヒントが隠れていると考えています。そのヒントをもとに学生との信頼関係を築き、将来の「なりたい自分」や「就職」を一緒に考えます。学生の進路は十人十色。個別面談はキャリア支援課の大切な支援のひとつです。

 

学生からの人気も高い面接指導

鶴見大学 面接指導採用試験で必ず行われる面接。キャリア支援課では、その面接の指導をしています。身だしなみや立ち居振舞いなど、好感度の高い第一印象につながるポイントを伝えるほか、学生自身で自分を客観視できるよう、フィードバックに重点を置きなが
ら何度もレッスンします。更に、その企業で実現したいこと、自分の強みも理解していくことで自信がつき、試験にも堂々と臨めるようになるはずです。