鶴見大学図書館 > ご利用案内 > 利用案内(学内) > 貴重書ミニ展示「新古今和歌集の古筆切」の開催について【10月25日(水曜日)~11月25日(土曜日)】

貴重書ミニ展示「新古今和歌集の古筆切」の開催について【10月25日(水曜日)~11月25日(土曜日)】

鶴見大学図書館 第90回貴重書ミニ展示「新古今和歌集の古筆切」

今回のミニ展示のテーマは『新古今和歌集』の古筆切です。『新古今集』は八番目の勅撰和歌集で、『万葉集』や『古今集』などとともに和歌史・文学史に重要な位置を占めています。古筆切は写本の一部が観賞用に切断されたものです。書としての魅力があるのはもちろん、そのほとんどが現存しない古写本の一部なので文学研究の面からも注目されます。今回は新収資料を中心に展示します。どうぞご高覧ください。

日本文学科 田口暢之

展示品 ​

  • 桂切(伝後京極良経筆) [鎌倉中期]写 巻16、1471~73番歌
  • 桂切(伝後京極良経筆) [鎌倉中期]写 巻16、1474~76番歌
  • 西山切(伝藤原清範筆) [鎌倉中期]写 巻6、巻首題~522番詞書
  • 西山切(伝藤原清範筆) [鎌倉中期]写 巻10、900~901番歌
  • 伝足利義尚筆 [室町中期]写 巻3、巻首題~177番歌
  • 伝松木宗綱筆 [室町後期]写 巻16、1496番歌~1500番詞書

展示解説 [PDFファイル/316KB]

新古今和歌集の古筆切ポスター

会期:2023年10月25日(水曜日)~11月25日(土曜日)

会場:鶴見大学図書館 エントランスホール

時間:

  • 月曜~金曜:8時50分~21時
  • 土曜:8時50分~18時
  • 日曜:休館 ※10月29日のみ大学祭のため開館 10時~17時
  • 祝日:11月3日(金曜日/文化の日)、23日(木曜日/勤労感謝の日):8時50分~21時

​開館時間は図書館ホームページのカレンダーをご確認ください。

入場無料。学外の方も展示をご覧になれます。

学外の方の入館について:入館ゲート横のチャイムを鳴らすとスタッフがゲートを開けますので、展示を見にきたとお伝えください。お帰りの際もスタッフまでお知らせください。

Close