鶴見大学図書館 > ご利用案内 > 利用案内(学内) > 7月の開館状況、ILL業務の再開等について

7月の開館状況、ILL業務の再開等について

​1. 7月の開館状況

月~金   8時50分~18時

土     8時50分~12時30分

 

2.ILL業務の再開について

7月1日(水)よりILL業務(文献複写と現物貸借)を再開いたします。

○申込方法

 ・NACSIS-ILL参加館  : NACSIS-ILLシステムよりご依頼ください。

 ・NACSIS-ILL非参加館 : FAXにてご依頼ください。

 

3.「学生向け図書配送貸出」「学生向け文献複写郵送」サービスについて

文学部・短期大学部については、遠隔授業実施期間終了まで継続して実施します。

 

4.貸出冊数および返却期限の特例措置について

遠隔授業期間中の利便性を考慮し、特例措置として、全学部一律に、1人当たりの貸出冊数の上限を増やし、かつ返却期限を自動延長します。

 

○貸出冊数

・文学部1~3年生・歯学部・短大部学生: 10冊(変更前6冊)

・文学部4年生: 15冊(変更前10冊)

・文学部大学院生・短大部専攻生: 20冊(変更前15冊)

 

備考 : 貸出限度冊数には現在貸出中の冊数も含まれます。

 

○返却期限: 遠隔授業終了日から2週間以内

※入構禁止措置解除後は、図書館での貸出・返却も行っております。

 

利用が済んだ図書を返却される場合は、図書館カウンター、返却ポスト、送付(郵送等の際は送料自己負担)も受付ます。

 

5.新型コロナウイルス感染防止対策に基づく、利用制限等

・閲覧席・PC席等の利用制限について

学部生・大学院生については、当面の間、閲覧席・PC席の利用はできません。資料の選定・貸出・返却のみとし速やかに退館してください。

 

※OPAC、データベース等の利用の場合のみ、利用可能です(PC3台)。

※利用者用コピー機に関しては、雑誌の複写の場合のみ可

※教職員(非常勤講師含む)については、閲覧席は利用可能です。

 

・検温の実施について

入館時にサーモカメラによる検温を実施します。

体温が37.5度以上の方については、入館をお断りいたします。

 

・利用停止を継続される方

以下の利用者については、閲覧席の利用が出来ないことなどから、当面の間、利用停止を継続し、今後の文部科学省からの通知文書や公共図書館、他大学図書館等の利用制限の状況を勘案し、改めて検討いたします。

 

・中学校・高等学校生徒の利用停止

附属中学校・高等学校生徒、近隣の高等学校生徒等

 

・学外の方の利用停止

区民利用者、卒業生(専攻科保育専攻卒業生は利用可能)、その他学外の研究者等

横浜市内大学コンソーシアム、神奈川県図書館協会、佛教図書館協会等での利用者等

Close