大学案内タイトル

学長メッセージ

Menu

学長写真_中根正賢先生

建学以来、本学は仏教、ことに禅の精神にもとづく「大覚円成 報恩行持」を教育の根幹としてきました。その真意は、天地創造に由り生命を授けられた全てのものを深く慈しみ、感謝のこころを以って接し、報恩を実践躬行できる人間形成にあります。
一方で、問題意識を持ち、課題を見出し自ら解決する能力、想像力を養い、広く社会に貢献できる人材育成を目指しております。
そこで、知と技術の修得、学内外における演習、体験実習、臨床実習、海外研修を取り入れた幅広い教育に加え、曹洞宗大本山總持寺における参禅会、必須項目である宗教学を通じた人格修養の実践教育にも重きを置いております。
曹洞宗の教えを体系的にまとめた経典『修証義』の第4 章には「発願利生」とあります。現代の言葉で分かりやすく言いますと、周囲の人の幸せを願うことであり、「布施・愛語・利行・同事」がその実践行とされます。中でも「同事」とは、他者を自分の事のように受け入れる事。主張することはもちろん大切ですが、他者の意見も聞き入れる寛容さが必要です。
皆さんには、明るく活気ある大学生活を送ってほしいと願っています。そして、培った知とこころを広く社会に役立ててください。