大学院タイトル

大学院文学研究科

Menu

文学部での教育を礎に、更に高度な専門性と強靱な知力を養います。

文学研究科博士前期課程は、文学部で育まれた基礎のうえに、専攻分野における研究能力や高度な専門性を要する職業などに必要な能力を養います。博士後期課程は、日本文学及び文化、英語文化圏の各時代、日本の伝統文化など各分野に渡る学術の本質を掘り下げて探究します。また、ドキュメンテーション専攻は、図書館学、書誌学、情報学の3分野を融合した新しい時代に呼応する教育研究の場を設けるために2018(平成30)年度に設置されました。

 

大学院進学を選んだ先輩たち

日本文学専攻

細野 奈央 さんの写真

細野 奈央さん
文学研究科 日本文学専攻(後期)/日本文学科 2014年3月卒業

万葉集に収録されている柿本人麻呂の歌について学内発表をもとに論文を書いています。少人数なので先生との距離感が近く、それぞれが思いついた話題の討論ができたり、以前の授業に遡って深く質問ができるなど、自分のペースで学べるのが良いところです。

英米文学専攻

長谷川 千春さんの写真

長谷川 千春さん
至学館大学健康科学部助教
文学研究科 英米文学専攻(後期)/2012年3月単位取得満期退学

アーサー王文学を中心に扱い、イギリス騎士道を研究しました。大学院での学びをイギリス大学院留学や国際学会の研究発表に活かすことができました。非常勤講師、任期付き専任教員を経て、現在は任期のない専任教員として大学の研究、英語教育、国際化推進に携わっています。

文化財学専攻

松本 卓己さんの写真

松本 卓己さん
文学研究科 文化財学専攻(前期)/文化財学科 2020年3月卒業

中国・朝鮮・琉球・東南アジアから日本に伝来した「唐物漆器」を中心に、産地の同定や様式的考察と製作技法を研究しています。学内にエックス線CT撮影装置や実体顕微鏡などの科学機器が充実しており、座学だけでなく幅広い実践的な分析ができることに魅力を感じています。

ドキュメンテーション専攻

鈴木 郁未さんの画像

鈴木 郁未さん
文学研究科 ドキュメンテーション専攻(前期)/ドキュメンテーション学科 2018年3月卒業

文学部を卒業した後、社会人として働いてみたものの、もう一度深く学びたいと思い大学院を受験しました。現在は室町時代の連歌論書や連歌学書について研究しています。昔の人が勉強のために有名人の著書を写した本から、さまざまなことが分かってくるのがとても楽しいです。