大学院タイトル

大学院歯学研究科

Menu

鶴見大学大学院歯学研究科の開設は、1977(昭和52)年。以来、40年に渡って、歯科医学の質的向上に貢献してきました。

現在は23の講座を開講し、毎年18名の大学院生を募集しています。時代の要請に応えながら、真に患者さん本位の基礎・臨床研究と優れた教育を推進しています。

大学院生

治療と研究の両面から習得したスキルを活かした歯科医師をめざしています。

大久保 水羽さんの写真

大久保 水羽さん
歯学研究科 歯学専攻(歯周病学)

学部での学びとは異なる「研究」の世界に興味があり、歯学研究科に進学しました。歯学部附属病院で臨床も学びながら研究に取組むことができる環境が大きな魅力です。研究では、細胞、遺伝子、たんぱく質を扱っていますが、物質のスケールが小さいため、落ち着いて実験するように心掛けています。先生や先輩方からいつも暖かくご指導いただきながら、自分でできる事が増えていくときにやりがいを感じます。歯学博士課程修了後は、大学院時代での経験を活かしてエビデンスに基づいた治療を行っていきたいと考えています。

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

パンフレットの画像
資料請求のリンクバナー画像