大学院タイトル

大学院歯学研究科

Menu

鶴見大学大学院歯学研究科の開設は、1977(昭和52)年。以来、40年以上に渡って、歯科医学の質的向上に貢献してきました。
現在、本学では19の講座を開講し、毎年18名の大学院生を募集しています。
時代の要請に応えながら、真に患者さん本位の基礎・臨床研究と優れた教育を推進しています。

 

大学院生

武山 丈徹さんの写真

武山 丈徹 さん
歯学研究科 歯学専攻 有床義歯補綴学/歯学科 2018年3月卒業

歯科業界は、デジタルデンティストリーへの変革期
研修医として学んでいた際に、たった1つの義歯でも患者さんの生活を豊かにすることができることを実感しました。難しい分野ですが、それ以上に大きなやりがいがあると考え、大学院で研究しようと決めました。義歯の人工歯を3Dプリンタで造形するなど、業界はデジタル化の大きな流れの中にあります。他大学や企業との特定臨床研究プロジェクトに参加するなど、大学院での研究環境も充実しています。今後はデジタル研究で培った知識や経験を駆使した先端の診療を行っていくのが目標です。