大学院タイトル

大学院歯学研究科

Menu

鶴見大学大学院歯学研究科の開設は、1977(昭和52)年。以来、40年に渡って、歯科医学の質的向上に貢献してきました。

現在、本学では20の講座を開講し、毎年18名の大学院生を募集しています。時代の要請に応えながら、真に患者さん本位の基礎・臨床研究と優れた教育を推進しています。

 

大学院生

歯内療法学分野で使用するセメントについて研究

佐貫 環 さん 

佐貫 環 さん
歯学研究科 歯学専攻(歯内療法学)
歯学科 2016年3月卒業

セメント上で培養した細胞がどのように成長し、その性質がどのように変化したのかについて研究しています。またセメント自体も、細胞を培養することでどのように変化したのかを調べています。海外の学会に参加した際は、自分の専攻分野以外の世界や、その国の文化を織り交ぜた研究を見ることができて楽しいです。将来は大学院生活で得た経験を活かし、地域に根差しながら患者さんに安心してもらえる医療を提供していきたいと思います。