[図書館]学生向け図書配送貸出・文献複写の郵送について(5月13日掲載、28日更新)

ホーム > [図書館]学生向け図書配送貸出・文献複写の郵送について(5月13日掲載、28日更新)

図書館利用制限中の対応措置として、学生を対象とした図書の配送貸出サービス及び文献複写の郵送サービスを、5月13日(水曜日)より開始いたします。


図書の配送貸出サービス(5月28日更新)

● 対象者

本学学部生、大学院生

● サービス期間

6月1日(月曜日)から遠隔授業終了日まで
※各学部の図書館利用再開に伴い、サービスを終了(歯学部は6月19日まで)
※図書館利用制限に関しては、図書館の利用制限について(5月1日掲載、28日更新)をご覧ください。

● 利用回数、貸出冊数

一月当たりの貸出送付回数及び1度に貸出できる冊数 : 

  • 文学部1~3年生・歯学部・短大部学生 月1回につき6冊まで
  • 文学部4年生 月1回につき10冊まで
  • 文学部大学院生・短大部専攻生 月1回につき15冊まで

配送貸出期間中における一人当たりの貸出上限冊数:

  • 文学部1~3年生・歯学部・短大部学生: 10冊(変更前6冊)
  • 文学部4年生: 15冊(変更前10冊)
  • 文学部大学院生・短大部専攻生: 20冊(変更前15冊)

備考 : 貸出限度冊数には現在貸出中の冊数も含まれます。延滞資料や貸出禁止処置がある場合は、貸出不可

● 貸出期限

遠隔授業終了日から2週間後
※貸出日から換算した返却期限がこれ以降になる場合は、通常の貸出期限日になります。
※入構禁止措置解除後は、図書館での貸出・返却も行っております。
※利用が済んだ図書を返却される場合は、図書館カウンター、返却ポスト、送付(郵送等の際は送料自己負担)も受付ます。

● 申請方法

 図書配送貸出申請フォーム  よりお申し込みください。
※電話・FAXでの申し込みは受付できません。

● 配送料

大学負担、宅配便で配送します。
※できるだけまとまった冊数で申請してください。

● 貸出不可の資料

大型本、指定図書、紙芝居、通常開館時に貸出不可の資料(雑誌、視聴覚資料等)
※その他、資料のサイズや状態により貸出できない場合があります。
※英語読本等、電子書籍で利用できるものもあります。電子書籍の利用については、下記を参考にしてください。
本学図書館への学生立入禁止期間における学外からの電子書籍サービス等の利用について

● 注意事項

希望する資料については、必ずOPACで検索し、フォームに必要事項を入力してください。

  • 貸出中の図書は、利用できません。
  • 申込後、1週間以上経っても届かない場合は、お問い合わせください。
  • 状況により、受付を中止する場合があります。
  • 申請から本の到着まで5日程度掛かる場合があります。

文献複写の郵送サービス

●対象者

文学部4年生、大学院生

●サービス期間

2020年5月13日(水曜日)~図書館利用制限措置解除日
※図書館利用再開に伴い、サービスを終了します。
※図書館利用制限に関しては、図書館の利用制限について(5月1日掲載、13日更新)をご覧ください。

●利用回数

1人1回3件まで

●申請方法

文献複写申し込みフォーム よりお申し込みください。
※電話・FAXでの申し込みは受付できません。

●複写料・郵送料

大学負担で郵送します。
※できるだけまとまった件数で申請してください。

●サービスの内容

本学で所蔵している雑誌の文献を複写し、郵送します。
※最新号は、著作権法により発行後相当期間を経過したものが対象となります。
※準貴重雑誌、その他、資料の状態により複写できない場合があります。
※電子ジャーナル、機関リポジトリ等、Web上で閲覧可能な文献は除きます。
(機関リポジトリとは、大学とその構成員が創造したデジタル資料の管理や発信を行うために、大学がそのコミュニティの構成員に提供する一連のサービスです。)

●注意事項

希望する資料の検索については、まずCiNii 、医中誌Web 等の雑誌論文データベースで検索し、必ず鶴見大学OPACで雑誌名と巻号の所蔵を確認後、フォームに必要事項を入力してください。

  •  申込後、1週間以上経っても届かない場合は、お問い合わせください。
  •  状況により、受付を中止する場合があります。
  •  申請から到着まで5日程度掛かる場合があります。

【参考資料】雑誌論文の検索方法 [PDFファイル/117KB]