SSL-VPN接続サービスについて

ホーム > SSL-VPN接続サービスについて

SSL-VPN接続サービスとは

自宅などの学外の機器から学内LANへの安全なアクセスを可能とするサービスです。
SSL-VPNを利用することによって、学内LANに接続している場合と同様、以下のようなサービスが利用できます。

  1. 図書館 文献データベースおよび電子ジャーナルなどの学内専用コンテンツへのアクセス
  • SSL-VPNでは接続できない文献データベースや電子ジャーナルがある場合がありますので、詳細は本学図書館で確認してください。
  1. 学内からのみアクセス可能なシステムの利用
  • 学内固定IPアドレスで管理・運用しているシステムは利用できません。
  • SSL-VPNでの利用制限がかけられたシステムは利用できません。
  1. 学内からのみ閲覧可能なWebページへのアクセス
  1. ファイルサーバ・NASなどへのアクセス
  • サーバーやNASの設定により利用できない場合があります。

 

利用対象者

ID・共通パスワードが付与されている在学生(非正規生を含む)と在職教職員(非常勤講師も含む)

 

利用する際の注意点

  1. 利用する機器がインターネットに接続している必要があります。
  1. 利用する機器のOSアップデート、ウイルス対策などを十分に行ってください。
  • 大学提供のウィルス対策ソフトを利用する場合は こちら から(教職員のみ)
  1. 利用する機器にプロキシが設定されていると接続できません。接続する際はプロキシ設定を解除してください。
  1. 推測されにくいパスワードの利用と定期的な変更を行ってください。
  • 共通パスワードの変更はこちら から(学生・教職員)
  1. 同時接続数には制限がありますので、SSL-VPNを利用しない場合は速やかに接続を切ってください。

 

システム要件

OS システム要件

Windows

Windows 8.1
Windows 10
Mac

macOS Sierra 10.12以降
※CPU「M1 Processor」は、2021年4月現在非対応となります。

※ iOS(iPhone、iPad等)、Androidでも接続可能です。

 

マニュアル・インストーラー

利用する機器には、FortiClient VPN(SSL-VPNクライアント)のインストールと設定が必要です。
下記マニュアルを読み、実施してください。

Windows

OS マニュアル(手順書) FortiClient VPN(SSL-VPNクライアント
Windows8.1
Windows10
マニュアル [32bit版] / [64bit版]

MacOS

OS マニュアル(手順書) FortiClient VPN(SSL-VPNクライアント
macOS Big Sur (version 11) マニュアル Ver7_0_0
macOS 10.14
macOS 10.15
Ver6_4_3
macOS 10.13 Ver6_2_8
macOS 10.12 Ver6_0_10

iOS・Android

FortiClient VPN(SSL-VPNクライアント)サイト または Apple Store・Google Playでダウンロードしてください。
[FortiClient VPN] をダウンロードしてください。

 

リモートGWの設定値

VPN設定に必要な【リモートGW】については、下記の通り別途通知します。
ご確認の上設定してください。

なお、グループウェアが見られない教職員(非常勤講師等)で、VPN接続希望者は、情報システム課までメールでご連絡ください。追ってご連絡させていただきます。

宛先: (joho@tsurumi-u.ac.jp)
教職員番号と所属、氏名を記入してお問合せください。

 

 


鶴見大学情報システム課
045-580-8293・8298