仏教文化研究所令和3年度公開シンポジウム「マインドフルネス研究最前線―禅及び止観との関連 」開催のお知らせ【6月12日(土曜日)】

ホーム > 仏教文化研究所令和3年度公開シンポジウム「マインドフルネス研究最前線―禅及び止観との関連 」開催のお知らせ【6月12日(土曜日)】

鶴見大学仏教文化研究所では、令和3年度公開シンポジウム「マインドフルネス研究最前線―禅及び止観との関連」を、6月12日(土曜日)午後にオンライン形式で開催致します。

Zoom Webinarを利用したかたちで開催しますので、聴講するには事前登録が必須です。
下記のWebフォームからの登録をお願い致します。

   

登壇予定者と演題は以下のとおりです。


【基調講演 1】藤田一照「曹洞禅の中のマインドフルネス〜生き方としての「不忘念」〜」

【基調講演 2】佐久間秀範(筑波大学)「唯識思想からみるマインドフルネス―言葉は心を支配する」

【提題 1】牟田季純(早稲田大学)「心理学からみた仏教と瞑想」

【提題 2】弘光健太郎(東京大学)「脳科学からみた瞑想:意識状態の変化と脳内ネットワーク」

【パネルディスカッション】
 司 会:蓑輪顕量(東京大学)
 登壇者:藤田一照・佐久間秀範・牟田季純・弘光健太郎    

共催:科学研究費助成事業挑戦的研究(開拓)「仏教学・心理学・脳科学の協同による止観とマインドフルネスに関する実証的研究」(研究代表者:蓑輪顕量)


仏教文化研究所令和3年度公開シンポジウム「マインドフルネス研究最前線―禅及び止観との関連 」ポスター

鶴見大学仏教文化研究所ホームページ
鶴見大学仏教文化研究所PC版ブログ
鶴見大学仏教文化研究所スマホ版ブログ
鶴見大学仏教文化研究所公式Twitter