このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学学部・短大部

文化財学科授業

基礎概説科目[専門必修科目]

文化財の基礎を学ぶ

文化財研究法

多彩な文化財を解説
文化財の種類は多岐に渡ります。複数の教員が各専門分野の研究方法について概説的に講義します。

地理学

自然と人間の関係を探る
諸地域の事例から自然環境と人間生活との関わりを考察し、文化財の背景である人間の営みを知ります。

考古学

遺跡・遺物で人類の歴史をたどる
遺跡・遺物は“埋蔵文化財”。その調査・研究方法についての入門概説です。発掘の仕方も講義します。

文化人類学

人類の社会を考える
文化財は人間が作りだしたもの。人類の社会と文化を考える学問の入門編です。

博物館概論・博物館経営論

文化財の展示まで考える
文化財を保管、展示する博物館。そこで文化財を扱う学芸員をめざす人には、必須の科目です。

歴史資料講読

古文書・古記録を読むために
歴史学の基本である史料を読込むため、くずし字や異体字、漢文体の史料などの基礎をやさしく教える入門科目です。

専攻科目群[専門選択科目]

系列を選び深く学ぶ

歴史・地理系列

  • 日本史Ⅰ──日本古代・中世史の中の変換点と歴史理論
  • 日本史Ⅱ──日本近世・近代史の中の変換点と歴史理論
  • 日本仏教史Ⅰ──仏教の成立と伝来、古代の仏教
  • 日本仏教史II──鎌倉新仏教から近代までの様相
  • 歴史地理学──土地利用の変化に歴史を読む
  • 歴史地誌学──古代史を史料と地図で読解く
  • 日本文化史Ⅰ──先史・古代文化の地域差と交流の影響
  • 日本文化史Ⅱ──中世以降現代までの文化史と文化遺産
  • 古文書学Ⅰ──古文書とは何か、その読解に必要な知識
  • 古文書学Ⅱ──文書の様式(形式)とその社会的なはたらき

考古・美術系列

  • 先史考古学──古代文明成立要因を探る
  • 歴史考古学──日本中世城郭遺跡の考古学的特徴
  • 日本美術史Ⅰ──飛鳥~平安の美術
  • 日本美術史Ⅱ──鎌倉~江戸の美術
  • 建築史Ⅰ──寺院・神社建築の様式の特色、その流れ
  • 建築史Ⅱ──日本の住宅建築の成り立ちとその特色
  • 工芸史Ⅰ──東アジアの伝統工芸の技術とその作品
  • 工芸史Ⅱ──染織工芸の技法を実際に再現してみる
  • 史跡特論Ⅰ──史跡とは何か、公的な保護の流れと問題点
  • 史跡特論Ⅱ──国指定史跡の背景にある史料と遺構の検討

文化財系列

  • 文化財科学Ⅰ──文化財の材質の科学的特性を知る
  • 文化財科学Ⅱ──文化財の材質分析法及び保存法
  • 有職故実Ⅰ──説話史料を通してみる公家有職
  • 有職故実Ⅱ──戦記物を通して考える武家故実
  • 文化財各論Ⅰ──遺跡・史跡の保存と活用
  • 文化財各論Ⅱ──日本の金工史、鏡、刀剣など
  • 文化財各論Ⅲ──仏像の技法・材料と仏師
  • 文化財各論Ⅳ──博物館における展示と史料保存
  • 文化財各論Ⅴ──漆工芸概説、縄文時代から修復まで
  • 文化財各論Ⅵ──鮫皮を使った工芸品の特色と歴史

実習科目[専門必修科目]

実物で技術を磨く

  • 1年次──[実習ⅠA]近隣の文化財巡検、[実習ⅠB]考古学資料の整理
  • 2年次──[実習ⅡA]古文書・古典籍、[実習ⅡB]遺跡の発掘と整理
  • 3年次──[実習ⅢA]分析・保存科学、[実習ⅢB]美術品の扱いと展示
  • 4年次──[実習Ⅳ]遠隔地の文化財巡検(海外コース、国内コース、自主コース)

演習科目[ゼミナール]

個性あふれる教授陣と共に、調べる力・まとめる力・発表する力をつけ、卒業論文へ!

石田千尋ゼミ(歴史学)

江戸時代の交易

江戸時代の長崎・出島での日蘭貿易が専門。
近世史料を読み、実物に触れることを重視します。

小林恭治ゼミ(日本語史)

漢字や古典籍の研究

専門は古辞書ですが、典籍や古碑などの文字も研究。日本語史の視点から文字の使われ方を探ります。

伊藤正義ゼミ(歴史学)

日本の城とはなにか

文献史学と考古学から城を研究。全国各地の城跡を後世に残し公開していくことも考えます。

小池富雄ゼミ(美術・工芸資料学)

大名家の工芸品

日本独自の蒔絵など、
近世大名家の調度品を徹底追跡します。

下室覚道ゼミ(宗教学)

仏教の精神と文化財
多くの日本の文化財に関わりがある仏教。その思想や儀礼、仏教民俗、仏教美術などを学びます。

星野玲子ゼミ(文化財科学)

文化財の分析・保存法
自らの研究テーマを中心に、文化財の科学的な分析や保存処理を実践します。

宗臺秀明ゼミ(考古学)

文明はどう起きたのか
インダス文明期に都市を創出した人々のエネルギーの源を探ります。中世鎌倉考古学も学べます。

緒方啓介ゼミ(日本美術史・博物館学)

仏教美術を探る
仏像を中心とした美術史が専門です。多くの作品に触れてみたいものです。

田中和彦ゼミ(考古学)

東南アジア考古学の魅力
東南アジアの遺跡を調査し、出土した陶磁器、土器の生産、流通、消費とその変遷を研究しています。

未来へはばたく学生たちへ

すでに出ている結論も独自のアプローチで
新しい発見につながる可能性に満ちた分野です。

伊藤 正義教授
文化財学科
【主な担当科目】文化財演習Ⅱ

歴史研究とは、すでにある定説も違う解釈でアプローチすることで、新しい発見が生まれる可能性に満ちた分野でもあります。研究というと部屋の中でひたすら書物に向き合う作業を想像するかもしれませんが、実は外に出て土地の人の話を聞くなど、コミュニケーション能力を要する作業です。また、ひとつの事実を導き出すために、長い時間がかかることも少なくありません。これらを途中であきらめずに取組んだ経験は、いずれ自信となって、社会で役立つときが来るでしょう。

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)