このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学学部・短大部

歯科衛生科実習

「基礎実習」「歯科臨床実習」「臨地実習」
3つの実習の相乗効果で、歯科衛生士としての技術と自覚を高めます。

歯科衛生科の実習には、大学内で基本的な手技などを学ぶ「基礎実習」、歯学部附属病院や歯科診療所での「歯科臨床実習」、小学校や老人保健施設・福祉施設などで行う「臨地実習」の3つがあります。歯学部附属病院での「歯科臨床実習Ⅰ・Ⅱ」では、2年後期から3年前期にかけ、約2週間ごとに歯学部附属病院のほとんど全ての診療科を回り、実際に患者さんと接しながら、歯科衛生士としての技術と自覚を養います。「臨地実習」では、子どもたちに歯ブラシ指導をしたり、お年寄りや障がいのある方の口腔ケアのお手伝いなどをします。

口腔保健科では歯科衛生科実習生が主役!

歯学部附属病院での「歯科臨床実習Ⅰ・Ⅱ」で回る各診療科のなかでも、特に口腔保健科は歯科衛生士単独の業務がメイン。染め出し剤で患者さんの磨き残しを調べ、正しい歯の磨き方を指導します。予防を重視して、多くの人の口腔疾患を減らす方法を学びます。

実習先が充実しています。

「歯科臨床実習」では歯学部附属病院を始め、歯科診療所44医院、「臨地実習」では鶴見区内の小学校22校、老人保健・福祉施設など9施設と数多くの医院・学校・施設に実習先としてご協力いただき、実習をしています。

実習体験
8:40
登院
一緒に実習を行っている6人がロッカーに集合。持ち物を確認し、配属された科へ。
8:50
診療準備
診療室とユニットの清掃、動作点検を行い、患者さんを迎える準備をします。
9:00
実習開始
ドクターの助手として、ライティングやバキューム、器具・機材の準備を行います。
12:30
昼食
昼食後は午前中に各自指摘された注意点を班で共有。午後の診察に活かせるようにします。
13:30
実習再開
午前中とは別のドクターの助手へ。少しの空き時間でも患者さんの状況把握に努めます。
16:00
片づけ
午後の診察が終了次第、診療室やスピット(流し)の清掃、消耗品の補充を行います。
16:30
実習まとめ
その日分からなかったことは担当衛生士やドクターに質問。講義を開いてくださる場合も。
帰宅後
診療日誌
1日分の実習内容や感想を診療日誌に記入し、翌朝提出。後日読み返すこともあります。
有田 奈未さん
歯科衛生科3年
神奈川県 厚木西高校出身
実習アイテム
「むし歯」と「かぶせもの」についてまとめたハンドブック。予習・復習のほか、実習中の治療法が分からなかったときの確認にも使います。
大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)