このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学院

大学院文学研究科[博士前期・後期課程]

文学部での教育を礎に更に高度な専門性と強靱な知力を養います。

文学研究科博士前期課程は、文学部で育まれた基礎のうえに、より広い視野に立って詳しく深い学識をつけ、専攻分野における研究能力、又は高度な専門性を要する職業などに必要な能力を養うことを目的としています。
博士後期課程は、研究に興味を持つ人たちに広く門戸を開き、日本文学及び文化と、英語文化圏の各時代、日本の伝統文化など各分野に渡る学術の本質を掘り下げて探究。その特性を解析する能力と鋭い感性を備えた優秀な人材を養成します。学界に新風を送り込むと共に、一般社会への貢献を果たそうとするものです。
各専攻科の博士前期・後期課程で学ぶ学生の声から、その探究心を感じ取ってください。

サブカテゴリ コンテンツ

大学院進学を選んだ先輩たち

古記録を紐解き いにしえの日本人の心を知る。

学部卒業後、アルバイトをしながら将来を模索するなかで、「もっと勉強したい」という思いがわいて、大学院進学を決めました。現在は修士論文作成をきっかけに興味を持った、古記録に書かれた異類・異象記事を読み解き、それらに対する当時の人々の観念を研究しています。深く知ることで新たな発見があり、そこにやりがいを感じます。

河田 翔子さん
文学研究科 日本文学専攻 博士後期課程

作家を研究することで多角的な視点を持つ大切さを知りました。

学部生の頃から漠然と大学院進学に興味がありました。決定的になったのは、4年次のゼミで扱った南アフリカの作家J・M・クッツェーとの出会い。作品の舞台背景として知らなければならない情報が無数にあり、それを知るたびに解釈が変わっていきます。多角的な視点を持つ姿勢は、社会に出てからも役立つことだと思います。

鈴木 謙太郎さん
文学研究科 英米文学専攻 博士前期課程

海外に渡った漆器を知ることで日本の魅力を再認識。

他大学を卒業後、漆工の研究を深めたいと希望し、本大学院への進学を決めました。今は17~18世紀に海外に渡った漆器について研究しています。美術史の視点はもちろん、製造技法や当時の価値などについて指導を受けながら学んでいます。修了後は漆の魅力を国内外の方に知っていただけるよう、尽力したいと思っています。

大多和 弥生さん
文学研究科 文化財学専攻 博士後期課程
大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)