このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学学部・短大部

歯学部歯学科

附属病院での診療参加型の実習を通して患者さんを思いやる心を持つ歯科医師へ。

歯科医師に最も求められるのは、真に患者さんの立場に立った医療を提供すること。
口腔だけでなく心と身体の全体を理解することを重視し、
早期から医療人として倫理観を高めます。
更に、5年次からの「臨床実習」など、実際に患者さんを診療するなかで
実践力やコミュニケーション能力を培います。

野中 咲さん
歯学科6年
埼玉県 淑徳与野高校出身

小林先生は、豊富な経験をもとに、国家試験に向け、また将来歯科医師になるにあたって不可欠な知識をテーマ毎に整理して講義してくださいます。それらをまとめたノートは、まさに一生モノ。診療参加型の臨床実習でも役立っています。講義や実習を通して、知識と技術だけでなく患者さんへの思いやりも学び、真に患者さんのためになる治療ができるようになりたいですね。

小林 馨教授
歯学部放射線・画像診断学講座

鶴見大学歯学部がめざすのは、臨床をしっかりと経験し、知識と技術を修得した歯科医師の育成です。4年次までに学んだことを5年次から始まる臨床実習で統合し、これからの歯科医師に求められるものを理解しながら成長してほしいと願っています。總持寺の「禅」の教えに基づく学風から、患者さんへの思いやりが育まれていくことも本学の大きな特長です。

学びへの関心

地域の人々の健康に
貢献したい

人を笑顔にできる
仕事に就きたい

自分の知識や経験を
高めていきたい

歯科医療を
実践的に学びたい

学科の特色

医学部レベルの基礎医学科目で
人間の全身を理解

診療参加型の臨床実習で、
実践的な臨床能力を育成

附属病院、顎機能研究センターなど
最新設備で学習・研究できる

海外大学との活発な連携で
国際的な視野を広げる

身につく力

患者さんの立場で考える
医療人としての倫理観

患者さんに信頼される教養や
コミュニケーションスキル

口腔のプロとして全身医療と連携できる
高度な知識と技術

最新歯科医療を身につけ、
国際的な活躍を目指せる能力

就職状況2015(平成27)年4月現在

卒業生たちは各地の大学病院歯科医院などで活躍しています。
鶴見大学歯学部は40年以上の伝統を誇り、毎年、貴重な人材を輩出しています。歯科医師免許取得後、臨床研修歯科医師となります。本学附属病院における2016(平成28)年度臨床研修歯科医師のうち49名が本学卒業生です。研修修了後、又は研修医に勤務しながらの大学院進学及び勤務への道が拓けます。

学科別の就職情報

サブカテゴリ コンテンツ
大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)