このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

キャリア・就職情報

就職活動支援 就職支援体制

総合的な就職支援に加え、個別指導もきめ細やかに─
夢の実現をサポートします。

鶴見大学では、就職のプロフェッショナルであるスタッフが一丸となって就職支援を行っています。
1年次から始まるキャリア教育プログラム、学内合同企業説明会、保護者向け就職説明会など、多くの就職プログラムを用意。
インターンシップも導入し、学生の社会性や就職に対する意識を向上させ、就職内定へと導きます。

就職プログラム

キャリア教育プログラム

文学部では入学時から、自分らしくキャリアを形成していくための心構えや基礎を身につけるための授業として、キャリア形成科目を開講。「キャリア形成論」「キャリアスキル演習」「情報リテラシー」など、実践的な科目で、社会人に求められる知識やスキルを磨きます。

きめ細やかな個別指導

職員や就職アドバイザーが学生の要望に沿ったきめ細かい個別指導を行っています。求人情報に基づく斡旋や、模擬面接など、多岐にわたる手厚い支援を実施しています。また、就職するにあたり、自分の人生設計と将来の目標について、自分らしい生き方を自身で考え、実現できるようキャリアカウンセラーを配置し、進路相談に乗っています。

就職情報サービスへの登録

複数の就職情報サイトに登録する時間と労力を省くための便利なサービスです。本学キャリア支援課を通じて、複数のサイトへの一括登録を可能としています。登録後1年間は、優良企業からの情報や、各種就職情報誌、企業からのダイレクトメールなどを無料で受け取ることができます。

学内合同企業説明会

文学部3年生などを対象に、本学と太いパイプを持つ優良企業約100 社を招いた学内合同企業説明会を実施。企業の概要や仕事の内容、将来性などについて人事担当者から直接話を聞くことができます。なお、参加者の多くがこの会を契機に早期内定を獲得しています。

自宅のパソコンから求人検索

本学に来ている求人票を、自宅のパソコンよりリアルタイムに検索することができます。

保護者向け就職説明会

就職活動をスムーズに進めるには、ご家族の理解と協力が必須。このため本学では、学生本人に加えて、保護者の方々とも連携を取りながら、就職支援を行っています。また、早期離職を防ぐための対応策なども指導しています。

大学、家庭、本人が一体となった支援体制で
就職内定への道筋をつける仕組みを作ります。

私たちキャリア支援課では、教職員が力を合わせて、さまざまな角度から学生の就職支援を行っています。学生はもちろん保護者の皆さまにもDMや大学のWebサイトを通じて情報を発信し、大学と家庭が共に学生をサポートする体制を目指しています。1年次~2年次では、キャリア教育プログラムをカリキュラムの中に盛り込み、就職支援講座等と並行して早い時期からの就職に対する意識の向上を促しています。また、内定者には学生就職サポーターとして協力してもらい、就職についての詳細な情報提供やアドバイスを行うなど、就職内定に至るしくみを整備。その上で、学生一人ひとりにきめ細やかなフォローアップを心がけています。