文字サイズ
背景色
入試情報の画像

Hello to the future さあ、未来を見晴らそう。

入試情報 > 歯学部入試Q&A

歯学部入試Q&A

入試やカリキュラムについて、よくいただく質問にお答えします。

歯学科

質問鶴見大学歯学部のカリキュラムの特徴は?

専門科目へ進む前に、医学、歯学などのライフサイエンス(※)を志す学生に必要な基礎を身につけます。また、今まで複数の科目にまたがっていた内容を、1つのテーマとして多角的に捉える「統合科目」として、「齲蝕[うしょく](むし歯)学」「歯周病の基礎と臨床」などを開講。各分野の教員が交代で講義し、深く掘り下げます。

質問大学入試センター試験を利用して出願できますか?

大学入試センター試験利用入試にて出願できます。大学入試センター試験の成績のほか、本学での個別試験があります。詳細は募集要項で必ず確認してください。試験入試との併願も可能です。
また、2017(平成29)年度入試より、当入試の合格者を対象とした新たな奨学生制度を設けています。
大学入試センター試験利用入試のページもご覧ください。

質問推薦入試と試験入試は併願できますか?

基本的には可能ですが、推薦入試は専願になります。推薦入試は1期・2期、試験入試は1期~3期の試験を実施します。試験により選考方法、試験科目が異なるので、詳細は推薦入試試験入試のページや募集要項で必ず確認してください。

質問小論文と面接のポイントについて教えてください。

小論文の課題として、医療人としての資質や新しい医療技術に加え、最近の社会情勢や一般常識に関するテーマが出題される傾向にあり、自分の意見を論理的かつ簡潔に述べることが重要です。
面接においては、他者の意見をよく聞き、自身の意見を分かりやすく述べるコミュニケーション能力をアピールすると共に、礼儀正しい真摯な姿勢で臨むことが重要です。

質問受験に向けて入試説明会などはありますか?

8月と10月に「一日体験入学」を開催します。設備や歯学部附属病院の見学、模擬授業、カリキュラムの説明や質疑応答、入試に関する相談などを行い、昨年は志望者と保護者合わせて約200人が参加しました。
また、5~9月にかけてオープンキャンパスを開催します。
詳細は歯学部一日体験入学オープンキャンパスのページをご覧のうえ、ぜひご参加ください。

質問

理系科目はあまり得意ではないのですが…。

高校時代に理系科目があまり得意でなくても、大学では学習内容が違うので、授業についていく決意があれば大丈夫です。ただし、自然科学への興味は大切です。歯学部では高校時代に生物、物理、化学を履修していない学生を対象に、理科教育の充実化を図る「生物学演習」「化学演習」「基礎生物学」「基礎物理学」「基礎化学」を開講。ライフサイエンス(※)の基礎として実験の目的と方法を学び、器具や薬品の使用法を理解して、実体験のなかで“学んで”いきます。

質問国家試験対策について教えてください。

超高齢社会の到来に伴い、これからの歯科医師はますます多くの高齢者や全身疾患を有している患者さんを診療する必要に迫られています。このことから、最近の歯科医師国家試験においては、高齢者医療や全身疾患に関する出題が多くなりつつあります。このような状況に対応するため、2016(平成28)年度より教育カリキュラムの整備を進めており、豊かな知識、確かな技術、優れた人格を有する歯科医師の養成を行っています。

 

※ライフサイエンス:人間を含む生物の生命現象を総合的に研究する学問分野

Menu

入試情報

オープンキャンパス・相談会
歯学部入試
文学部入試
大学院歯学研究科入試
大学院文学研究科入試
短期大学部入試
短期大学部専攻科入試
各種資料
メールマガジン
被災した受験生の皆様へ

鶴見大学 鶴見大学短期大学部 資料請求