文字サイズ
背景色
入試情報の画像

Hello to the future さあ、未来を見晴らそう。

入試情報 > 2020年度入学者選抜(2019年度実施)について

2020年度入学者選抜(2019年度実施)について

2020年度入学者選抜(2019年度実施)について

(2019年7月24日現在)

「推薦入試(一般公募、指定校)」の出願期間について

■文学部、短期大学部
文学部、短期大学部の2020年度「推薦入試(一般公募、指定校)」の出願期間は、11月1日からとなります。

「英語4技能」について

■文学部
「推薦入試(指定校)」において、出願時に、大学入試センターによって「大学入試英語成績提供システム」の参加要件を満たすと確認された資格・検定試験(認定試験)及びそれに準ずる4技能を証明できる試験の成績証明書の提出を求めます。
2020年度入試については、上記証明書を提出できない場合、高等学校長作成の「推薦書(本学指定様式)」に、日常の授業における学習状況や試験の成績等から英語4技能の能力があると認められる旨を記載することにより代替できることとします。
なお、提出書類による合否の判定はおこないません。

「スポーツ推薦」の廃止について

■文学部
2020年度入試より「スポーツ推薦入試」が廃止となります。
なお、推薦入試(一般公募)の推薦基準にスポーツ等についての要件を追加しました。

歯学部入試について

■歯学部
・「試験入試(1期~3期)」試験教科・科目について
 英語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅱ)、 数学(数学Ⅰ・Ⅱ)より1教科選択及び理科【物理(物理基礎、物理)、化学(化学基礎、化学)、生物(生物基礎、生物)】より1科目選択となります。この他に小論文と面接を実施します。

・「大学入試センター試験利用入試(1期~3期)」試験教科について
 試験教科は、「国語」「外国語」「数学」「理科」から3教科選択とし、4教科以上受験した場合は、 高得点3教科を合否判定に使用します。

・「外国人留学生特別選抜試験」出願資格について
 原則として、2019年6月までに独立行政法人日本学生支援機構が実施する日本留学試験(*)の本学が指定する教科・科目を受験し、かつ次の(1)~(5)のいずれかに該当する者。なお、日本の学校教育法に基づく小学校・中学校・高等学校・中等教育学校等に在学した期間がある場合、その期間が通算3年以内である者
(1)外国において学校教育における12年の課程を修了した者(2020年3月31日までに修了見込みの者を含む。)、又はこれに準ずる者で、文部科学大臣の指定したもの。なお、日本の学校教育法に基づく高等学校・中等教育学校を卒業した者又は2020年3月卒業見込みの者の場合、当該学校を含めて日本の学校教育法に基づく高等学校等に在学した期間が通算3年以内である者
(2)スイス民法典に基づく財団法人である国際バカロレア事務局が授与する国際バカロレア資格を有する者
(3)ドイツ連邦共和国の各州において大学入学資格として認められているアビトゥア資格を有する者
(4)フランス共和国において大学入学資格として認められているバカロレア資格を有する者
(5)英国において大学入学資格として認められているGCE(General Certificate of Education)Aレベルを有する者
*日本留学試験について
(1)出題言語:「英語」、「日本語」どちらでも可
(2)受験科目:「日本語」、「理科」(物理、化学、生物から2科目選択)、「数学」(コース2)を全て受験していることが必要です。

・「編入学試験」出願資格について
 下記の(1)~(3)のいずれかに該当する者
(1)4年制大学の口腔保健衛生学または看護学に関する学部学科に2年以上在籍し、62単位以上修得(見込み)の者または短期大学の歯科衛生科(3年制)を卒業した者及び2020年3月卒業見込みの者
(2)医学・薬学・獣医学等の6年制大学を2年以上修了した者
(3)上記と同等以上及び歯学部2年次相当の学力があると本学が認めた者
 注)出願資格(3)に該当する場合は、出願前に資格審査
(履修科目審査)を行い受験の可否を決定しますので、入試センターまでお問い合わせください。​

・「編入学試験」試験教科・科目について
 学力試験(「英語」「数学」より1教科選択、「化学基礎」「生物基礎」より1科目選択)及び 小論文・面接を課し、出身大学等の成績証明書と合わせて総合判定します。

 

※出願にあたっては、必ず募集要項(2019年7月以降に順次公開)にて改めてご確認をお願いいたします。

Menu

入試情報

オープンキャンパス・相談会
歯学部入試
文学部入試
大学院歯学研究科入試
大学院文学研究科入試
短期大学部入試
短期大学部専攻科入試
各種資料
メールマガジン
被災した受験生の皆様へ

鶴見大学 鶴見大学短期大学部 資料請求