文字サイズ
背景色
入試情報の画像

Hello to the future さあ、未来を見晴らそう。

入試情報 > 2020年度入学者選抜(2019年度実施)文学部指定校推薦入試における英語4技能の取り扱いについて​

2020年度入学者選抜(2019年度実施)文学部指定校推薦入試における英語4技能の取り扱いについて​

本学では2020年度(2019年度実施)の文学部指定校推薦入試における出願書類として、「大学入試英語成績提供システム」参加要件を満たすと確認された資格・検定試験(認定試験)及びそれに準ずる4技能を証明できる試験の成績証明書の提出を求めておりましたが、11月1日(金)に文部科学省より発表されました「大学入試英語成績提供システム」導入の見送りを受け、今年度実施の文学部指定校推薦入試におきましては、下記の資格・検定試験(認定試験)の成績証明書を求めることに変更します。

 

【英語の資格・検定試験(認定試験​)について】

(1)ケンブリッジ英語検定、TOEFL iBT、IELTS、GTEC、TEAP、TEAP CBT、実用英語技能検定CBT
・原則として大学入試英語成績提供システムの参加要件を満たす資格・検定試験(認定試験)に変更はありません。


(2)上記証明書を提出できない場合、高等学校長作成の「推薦書(本学指定様式)」に日常の授業における学習状況や試験の成績から英語4技能の能力が認められる旨の記載することにより代替できることとします。
従来型実用英語技能検定、TOEIC L&R、TOEIC S&Wにおいて4技能全てを確認できないとご判断される場合も同様です。


なお、提出書類による合否の判定は行いません。

Menu

入試情報

オープンキャンパス・相談会
歯学部入試
文学部入試
大学院歯学研究科入試
大学院文学研究科入試
短期大学部入試
短期大学部専攻科入試
各種資料
メールマガジン
被災した受験生の皆様へ

鶴見大学 鶴見大学短期大学部 資料請求