このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

お知らせ

インフルエンザ感染予防について

インフルエンザが流行しています。インフルエンザは感染力が非常に強く重症化しやすいので、十分注意し、感染予防に努めてください。

インフルエンザの症状

 

38度以上の発熱、倦怠感、せき、鼻水、咽頭痛、頭痛、関節痛、筋肉痛、下痢、嘔吐などの症状を認めます。

普通の風邪の症状

 

微熱 せき、のどの痛み、鼻水など

感染予防

1) マスクの着用や加湿器などで乾燥を防ぐ  
2) 外出後は手洗いと、うがいを行う
3) 十分に睡眠をとる
4) 栄養バランスのよい食事をとる
5) 不要不急の外出をさける(人ごみを避ける)


*感染防止に効果的な手の洗い方
単に石鹸をつけて、手のひらをこするだけでは、手はきちんと洗えません。石鹸は、十分に泡立て、手の甲、指先、指と指の間、親指の周り、手首もまんべんなく洗いましょう。

洗い方:
①両手のひらをよくこする
②手の甲をこすり洗いをする  
③指先をていねいに洗う
④指の間を洗う
⑤親指と手のひらをねじるように洗う
⑥手首も忘れずに洗う

以上のことを励行し、各自で十分気をつけてください。

*疑わしい症状があれば、速やかに病院等の医療機関を受診し、医師の指示に従い自宅療養後、出勤・登校してください。

インフルエンザと診断された学生は、その状況を教学課へ連絡してください。
045-580-8212  文学部教学課
045-580-8203  歯学部教学課
045-580-8215  短大部教学課

咳エチケット:周りへの感染を防ぐためにマスクを着用し人にせきやくしゃみをかけないようにしましょう。

*予防接種について
インフルエンザワクチンは感染後に発病する可能性をある程度抑制させる効果と、インフルエンザにかかった場合の重症化予防に有効とされています。

厚生労働省

:平成28年度 今冬のインフルエンザ総合対策について
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/influenza/index.html

保健センター