このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置
  • ホーム
  • お知らせ
  • 2013年
  • 読売新聞(10/2朝刊)に紹介された、図書館新収資料『古筆手鑑』のお披露目展示と特別講演会を行います

ここから本文です

お知らせ

読売新聞(10/2朝刊)に紹介された、図書館新収資料『古筆手鑑』のお披露目展示と特別講演会を行います

読売新聞(10/2朝刊)に紹介された、図書館新収資料『古筆手鑑』のお披露目展示と特別講演会を行います。
昨年、図書館に収蔵された『古筆手鑑』と、いろいろな『古筆切』を展示します。ぜひ、足をお運びください。

◆貴重書展
鶴見大学創立50周年・鶴見大学短期大学部創立60周年記念
第135回鶴見大学図書館貴重書展
「新収資料展 風格の古筆手鑑、深奥なる古筆切」
・場所 鶴見大学図書館 1Fエントランス
・会期 2013年10月4日(金)~10月27日(日)
・開館時間 平日8:50~20:00 土曜8:50~18:00 日曜・祝日閉館
※紫雲祭期間中の10月27日(日)は展示のみ行います(9:00~17:30)

◆特別講演会
・日時 2013年10月5日(土) 14:00~15:30
・会場 鶴見大学記念館3F 第4講堂
・講師 久保木 秀夫(本学文学部准教授)
「新収古筆手鑑の紹介―『新古今集』新出異本歌の断簡を中心に―」
・講師 中川 博夫(本学文学部教授)
「『新古今集』新出異本歌の意義」

※事前申し込み不要、当日参加可・参加費無料

お問い合わせ
鶴見大学・鶴見大学短期大学部 ☎ 045-580-8269(鶴見大学図書館)

アクセス
http://www.tsurumi-u.ac.jp/about/accessmap/

展示資料など詳細はこちらから
http://blog.tsurumi-u.ac.jp/library/2013/09/135-610a.html

取材の様子はこちらから
http://blog.tsurumi-u.ac.jp/library/2013/10/post-2431.html