このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学学部・短大部

ドキュメンテーション学科 4年間の学びの流れ

1年次

コンピュータに慣れながら基礎を固める。

必修科目を中心にバランスよく学んでいきます。ノートパソコンを活用し、コンピュータの基礎も身につけられます。

・入学式

全員にノートPCを貸与!

・本山参禅会

本学の建学の精神を体得

・課外学習

図書館・博物館などで教養を深める発見がいっぱい

データベース概論[1年次]

現在のデータベースの主流である「リレーショナルデータベース」について、操作や構築方法の概要を学ぶ。この学習を通して、このソフトウェアの背後にある考え方を身につける。

2年次

専門の「講義」「演習」で知識を深める。

専門の授業では3年次からのコース分けを視野に入れて履修。専門分野に関わる英語の授業もスタートします。

・パソコンスキルの特訓

司書をめざす人にも大切

・専門選択の授業

興味のある分野を見つけよう

3年次

自分に合ったコースで専門性を高める。

図書館学・書誌学・情報学の3コースに分かれ、より専門的に学びます。所属するコース以外の授業も履修できます。

・コース選択

専門知識を身につけよう!

・インターンシップ

「働く」ってなんだろう?

4年次

知識を結集させて卒業論文を作成。

4年間の学びの集大成として、卒業論文を作成します。自分で研究テーマを決め、先生の指導を受けながら仕上げます。

・就職活動

・卒業論文提出

審査を経て学士の学位が授与されます

ドキュメンテーション学科開講科目一覧[2017(平成29)年度]

ドキュメンテーション学科開講科目一覧(平成29年度)
  • ※卒業するためには共通科目を36単位以上、専門科目を80単位以上、ほかの学科の専門科目などの自由選択枠14単位以内の合計130単位以上の修得が必要です。
未来をひらくカリキュラム

1年次に全コースの基礎を学ぶことで
自分の可能性が広がりました。

安徳 豪さん
ドキュメンテーション学科4年 神奈川県 横浜商業高校出身

高校で習った情報系の知識をより深めるため、この学科を選びました。入学当初は情報学コースに進もうと考えていましたが、1年次に図書館学、書誌学、情報学という全コースの基礎となる科目に触れたことをきっかけに興味の幅が広がり、その結果、図書館学コースを選びました。これからの司書に必要なスキルを習得できるだけでなく、図書館に所蔵されている数百年前の貴重書を使用しての調査など貴重な経験ができるのも魅力。ドキュメンテーション学科は興味の対象や意欲次第で自分の可能性を広げることのできる学科だと思います。

1年次[前期]

全コースの基礎を学び、興味の幅を広げることで
その後のコース選択に大きな影響を受けました。

履修科目[1年次前期]2014(平成26)年度

1年次履修科目

3年次[後期]

「ドキュメント処理各論Ⅱ」では
図書館展示について実践を交えながら学べました。

履修科目[3年次後期]2016(平成28)年度

3年次履修科目

[1時限]9:00〜10:30 [2時限]10:40〜12:10 [3時限]13:00〜14:30
[4時限]14:40〜16:10 [5時限]16:20〜17:50

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)