このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学学部・短大部

ドキュメンテーション学科授業

主な授業科目

図書館概論

図書館及び図書館員の意義や役割を総合的に学びながら、インターネット時代における図書館の課題と問題点を考察します。

情報サービス概論

図書館利用者のさまざまな情報要求に対し、適切な情報や資料を提供するための具体的な手法を学びます。

プログラミング概論

コンピュータの動作を制御するプログラミングを基礎から修得し、「組込み系」と呼ばれるプログラミングを実習します。

日本書誌学

古典籍に関する知識と取扱い方、日本の古い書物の歴史や読み比べ方について、実物に触れながら学びます。

未来へはばたく学生たちへ

本学科で培われる情報処理能力は
多くの分野で役に立ちます。

ドキュメンテーション学科
【主な担当科目】データベース各論Ⅰ・Ⅱ
田辺 良則教授

図書館には膨大な情報が蓄積されています。昔から伝わる書物には、貴重な紙に今とは異なる文字が筆で書かれています。大量生産される現代の出版物には、電子化された情報も含まれています。未来には、図書館が建物の枠を越え、ネットワーク上の情報を統合する役割を担うことでしょう。ドキュメンテーション学科では、これら全ての情報を的確に処理し、有効に活用する技術を身につけることができます。コンピュータに関する知識も学びます。習得したスキルをキャリアのさまざまな場面で役立ててください。

教員一覧・ゼミナール

4年次の「卒業論文演習」では教員が開講するゼミに所属し、自ら定めたテーマについて研究して卒業論文を完成させます。

研究テーマ例

  • 資料の整理について研究する 角田 裕之 教授(図書館情報学)
  • 資料を電子化する 大矢 一志 教授(情報処理)
  • 古典籍を未来に伝える 伊倉 史人 教授(書誌学)
  • データベースを使ってプログラムを作る 田辺 良則 教授(情報学)
  • ICTや情報教育について探求する 元木 章博 教授(教育情報学)
  • 情報・メディアのリテラシーを研究する 河西 由美子 教授(学際情報学)
  • 古典籍を探す・調べる・読解いていく 久保木 秀夫 准教授(書誌学)
大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)