このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学学部・短大部

日本文学科 日本文学科4年間の学びの流れ

1年次

読み書きの基礎を一からじっくりと身につける。

辞書のひき方や作文、古典や漢文の文法・単語などの基礎を全員が修得。30名程度のクラス編成でじっくりと学べます。

書道Ⅰ~Ⅵ [ 1~4年次 ]

楷書・行書・かな実技の基本や古典の臨書、作品制作を経験します。筆墨に親しみ、日本文学の古典が伝えてきた味わいに触れ、中高生を教える基礎力を身につけます。

2年次

各学問の入り口にふれ、知識の幅を広げる。

日本文学・日本語学の専門分野の入門編となる「講読」や「概論」で知識を身につけ、興味を広げます。

漢文講読 [ 2年次 ]

中国の先秦時代から唐代にいたる漢文、漢詩の代表作、名作を訓読で読み、その背景と日本文学との関係を理解すると共に、漢文訓読の規則に習熟します。

3年次

好奇心と目的意識に従って多様な選択科目でスキルアップ。

講義や演習など、幅広い選択科目から自分の好奇心や目的に沿って自由に選択。専門的な内容を深く、じっくりと学びます。

国文学演習 [ 2~4年次 ]

作品の時代ごとに演習を開講。各自担当範囲を決め、文献や参考資料を調べて作品を読み進めます。一つひとつの言葉や表現などの読解を通じて、自ら調べ、考える力を養います。

4年次

ゼミナールに所属し卒業論文で学びの総仕上げ。

ゼミに所属し、教員の指導のもと、自らのテーマで卒業論文を作成。資格・免許の取得や就職面でのサポートも受けられます。

卒業論文指導 [ 4年次 ]

卒業論文を4年間の勉学の集大成としてふさわしいものにするために、それぞれのテーマ設定や調査内容、分析方法等について、ゼミの参加者全員で議論をします。

 
 
 

日本文学科開講科目一覧 [2017(平成29)年度]

日本文学科開講科目一覧(平成26年度)
  • ※卒業するためには共通科目を38単位以上、専門科目を72単位以上、ほかの学科の専門科目などの自由選択枠20単位以内の合計130単位以上の修得が必要です。※書道専門科目は教育職員免許状を取得するために開講。卒業単位には含まれません。
未来をひらくカリキュラム

文学部ならではの豊かな専門知識を
教壇で活かしたいです。

小沼 ゆいさん
日本文学科4年 神奈川県 深沢高校出身

高校時代、古文におもしろみを感じて文学部へ。初めはミミズのようにしか見えなかった“くずし字”が読めるようになると、昔の人と少しつながれた気がします。ほかの授業で学んだ衣裳や行事の知識が古典文学を読解くのに役立ったり、1~2年次の基礎知識があるからこそ3年次に学ぶ作品を理解できたり、授業の全てがつながり、身になっていきます。研究発表する機会も多く、自分で感じ、調べて考えるのは大変ですが、とても楽しいです。将来は、日本文学科で学んだ深い専門知識を授業に活かせる国語教師になりたいと思っています。

1年次[前期]

「宗教学」では、仏教だけでなくキリスト教など他宗教についても幅広く知ることができ有意義です。

履修科目[1年次前期]2014(平成26)年度

1年次履修科目

3年次[後期]

「古筆鑑賞」では、昔の文字から筆者の人柄を想像。文学を文字から味わいます。

履修科目[3年次後期]2016(平成28)年度

3年次履修科目

[1時限]9:00〜10:30 [2時限]10:40〜12:10 [3時限]13:00〜14:30
[4時限]14:40〜16:10 [5時限]16:20〜17:50

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)