このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学学部・短大部

日本文学科授業

主な授業科目

基礎古文

くずし字の読み方や古典文法の知識を学び、古典文学を鑑賞するために欠かせない基礎的な読解力を養います。

国文学史(上代・中古)

『万葉集』『枕草子』など、上代・中古の主要作品を読込みながら理解を深め、文学史の流れを把握します。

国文学演習(中世・近世)

和歌や軍記物、紀行文を題材に古典作品を多角的に読解いて特徴をつかみ、考察する力を身につけます。

近代文学講義

森鷗外、夏目漱石など、明治初期から昭和までの代表的な作品を論考し、作中の時代背景にある諸問題への理解も深めます。

ゼミナール

4年次には希望のゼミナールに所属し、卒業論文を執筆。教員がマンツーマンで指導します。

上代【新沢 典子 准教授】

古事記や万葉集、風土記などの作品をもとに各自の研究テーマを設定し、上代の知識と理解を深めながら卒業論文を作成します。

中世【中川 博夫 教授】

西行や定家、平家物語や徒然草を始め、能・狂言や御伽草子なども含む中世文学。文学の故地めぐりや読書会もあります。

中古【髙田 信敬 教授】

平安時代文学という千年のかなたの作品を対象とするため、遠回りでも基礎から調べ、自分の力で読みぬくことが大切です。

近世【神林 尚子 講師】

有名な西鶴、近松、芭蕉のみならず、多様なジャンルの作品がある近世文学。作品を深く追究し、卒業論文を作り上げます。

近代【片山 倫太郎 教授】

近代文学の卒業論文の対象はさまざまです。個人面談指導と、レポートを何度も書いてもらうことに特に力を入れています。

未来へはばたく学生たちへ

時代の流行にとらわれずに本当のことを
追い求めて学び続ける人になってほしい。

日本文学科
【主な担当科目】上代文学講義
新沢 典子 准教授

国文学の基本は「昔の本も今の本もきちんと読めるようになること」にあります。これが簡単なようで大変難しいのですが、その過程はとても楽しくもあります。あの『源氏物語』でも、解釈や評価は時代によって変わってきたのです。目の前に存在する本=作品に真摯に向き合うこと以上に大事なことはありません。流行り廃りや時代の思潮にとらわれずに、歴史の批判に耐えられるような強い気持ちを持ち、本当のことを追求できる人になってほしいと思います。そして、なによりも大切なのは学び続けることです。私もまだまだ勉強中です。共に学びましょう。

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)