このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学学部・短大部

英語英米文学科 4年間の学びの流れ

1年次

習熟度別クラス編成で、基礎から英語力を高める。

週2回のネイティブ教員の授業や、習熟度別のリーディングとライティングの授業で、最適なレベルから英語力を高めます。

リーディング[1年次]

リーディングスキルの基本を学びながら、平易な英語の書物を読んでいきます。読書量を増やすことで速読力、読解力の向上に努め、最終的には英語の本を楽しんで読めることをめざします。

2年次

英語力をレベルアップし調査・研究能力を身につける。

関心に合わせてコースを選択し、研究への導入となる知識を修得。調査や研究、発表の能力や、英語の読解力も磨きます。

3年次

ゼミナールを選んで専門分野の研究を進める。

各コースで専門的な学びを深め、応用課題にも取組みます。演習では指導教員のもと、自分の研究テーマを見つけます。

4年次

4年間の総仕上げ、卒業研究に取組む。

ゼミナールで卒業研究を進めます。ゼミ仲間や教員の意見を参考にしながら、研究の成果を論文にまとめます。

リーディング
英語コミュニケーションコース
英語教育コース
国際文化コース
英語文学コース
未来をひらくカリキュラム

文学を通して英米の歴史や文化などを
体系的に学べるのが魅力です。

中野 加織里さん
英語英米文学科4年 神奈川県 海老名高校出身

小学生の頃から英米文学に興味があったので、高校で志望大学を決めるときは英米文学研究ができる学校ということをひとつの基準にして選びました。鶴見大学に入学後、これまで勉強してきたなかで実感しているのは、文学を通して英米の歴史や文化などを体系的に学べているということ。また、1~2年次では概論科目が多く、それによって幅広い文学に触れ、昔から好きだったミステリー以外の作品のおもしろさに気づくことができました。卒業年となる今年は、海外文化研修に行くことが目標。これまで大学で学んできたことを、肌で感じたいと思っています。

1年次[前期]

概論科目で幅広く学び、自分が興味を
抱く事柄の傾向が分かりました。

履修科目[1年次前期]2014(平成26)年度

1年次履修科目

3年次[後期]

より専門的な学び方ができるので
知的好奇心が満たされます。

履修科目[3年次後期]2016(平成28)年度

3年次履修科目

[1時限]9:00〜10:30 [2時限]10:40〜12:10 [3時限]13:00〜14:30 [4時限]14:40〜16:10 [5時限]16:20〜17:50

※横浜市内大学間単位互換制度による他大学開講科目の履修。

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)