このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学学部・短大部

英語英米文学科授業

4つのコースと主な授業科目

2年次から学生一人ひとりの興味や目標にしたがって4つのコースに分かれます。
全員が希望のコースを選択します。他コースの科目も履修できます。

英語コミュニケーションコース

英語によるコミュニケーションスキルを身につけることをめざし、社会に出て英語が使える人材を育成するコースです。実践的英語能力を獲得するためのカリキュラムを十分に用意しています。

コミュニケーション・スキルⅠ・Ⅱ

英語を用いたコミュニケーションの基本となる、スピーキングの基礎力向上をめざします。日常的な英会話に必要なボキャブラリーや文法などを修得します。

ビジネス・ライティング

ビジネスの現場で使われる英語の基本を学び、現代社会で多用されるEメールを使い、正しくコミュニケーションをはかる能力を養います。

英語教育コース

英語教育に携わる、高い英語教育能力を持った人材を育成することを目的としています。中学・高校あるいは予備校・塾・児童英語教育など、さまざまな分野の英語教育に対応できる人材を育成することを目標としています。

英語教育研究

小学校児童に対する外国語教育の意義を知るほか、模擬授業を行い、異文化理解力を育成するための授業のあり方を考えます。

社会言語学研究

英語の地域的な方言や、社会的な方言、話し手と聞き手の関係を反映する表現、性別による話し方の違いなど、英語の多様性を学びます。

国際文化コース

英米を中心とした海外の文化を学ぶことにより、異文化理解を深め、グローバル化社会に対応した人材を育成するコースです。また、比較文化、国際文化を学ぶことにより、国際的な視野を持てるよう指導します。

スクリーン・イングリッシュ

映画の台本をテキストに、教科書の英語とは違う生きた英語に慣れ、会話表現やボキャブラリーを豊かにすることが目標です。

比較文化研究

日本・イギリス・アメリカの大衆文化の比較研究を行います。相対的な見方、グローバルな視点と考え方が身につきます。

英語文学コース

英米を含めた英語圏の文学をより深く理解するために、文学が生まれた時代的・文化的背景を探究し、社会や人間に対する広い視野を持った人材を育成するコースです。文学の理解に必要な英語読解力も身につけます。

英米児童文学研究

児童文学の古典『不思議の国のアリス』から『ゲド戦記』などの現代の作品まで、児童文学の歴史をたどりながら、子ども像の変化を考えます。

翻訳演習

やさしい英語で書かれた小説やエッセイを用いて、翻訳にチャレンジ。英文の内容を正確に読取り、自然な日本語の表現にすることをめざします。

長期留学・短期海外研修

英語英米文学科では学科独自にさまざまな留学・研修制度を整え、
生きた英語を学び、異文化を体験する機会をサポートしています。

長期留学制度

カナダのリジャイナ大学とオーストラリアのニューイングランド大学に毎年6名の留学生を送っています。本学の学納金を納めていれば、留学先の学費は基本的に無料。3年次までに留学し、4年間で卒業できます。留学支援金も支給されます。

留学体験レポート

増井 稔さん
英語英米文学科4年 静岡県 飛龍高校出身

2年次の短期留学を経て、もっと英語の勉強がしたいと思い長期留学に参加しました。オーストラリアでは、ホームステイをしながら英語漬けの毎日。文化や生活習慣も肌で感じることができました。また、オーストラリア各地をめぐり、そこで出会ったさまざまな国の留学生との交流も楽しく、英語で話すことに自信がつきました。

海外英語研修と海外文化研修制度

毎年夏休みに、実践的英語力アップを目的としたアメリカへの英語研修と、文化と生活体験を目的とした英語圏への文化研修を隔年で行っています。どちらも学外授業として単位が修得できます。

研修体験レポート

平井 千遥さん
英語英米文学科2年 神奈川県 逗葉高校出身

1年次の夏休みに約2週間、オーストラリア・ニューイングランド大学の研修に参加しました。ほぼ英語が喋れない状態だったので、日中の授業やホストファミリーとの会話には苦労しましたが、積極的に交流することで英会話に対する抵抗がなくなりました。帰国後は、より真剣に英語の勉強に取組めています。

ゼミナール

本学科では、1年次からゼミナール(演習)があります。4年次のゼミナール、卒業研究で論文を完成させる目標に向かって、段階的に指導を行います。

卒業研究開講例

  • 文化表象と集合的記憶 鈴木周太郎准教授
  • ジェイムズ・ジョイスとアイルランドの文化 マーティン・C・コネリー教授
  • イギリス文学における「移動」 菅野素子准教授
  • 海外から見た日本文化 渡辺一美講師
  • 第二言語習得/英語科教育研究 根岸純子准教授
未来へはばたく学生たちへ

語彙力と会話力の両方を学んでいくなかで、
少しでも英語を身近に感じてもらえたら嬉しい。

ケビン・J・ミラー准教授
英語英米文学科
【主な担当科目】コミュニケーション・スキルⅠ・Ⅱ

鶴見大学ではコミュニケーション・スキルの授業を担当しています。学生の多くは、ヒアリングはできるけれども話すのは苦手な印象です。そのため、まずは単語力を向上させることをめざし、教材には絵がついている本や映画の予告編などを取入れ、楽しく学べる工夫をしています。また、週1回「English Café」という場を設け、学内でも英語でコミュニケーションを取る機会を作りました。在学中に少しでも英語を身近に感じられるようになってもらえたら嬉しいです。

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)