このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学学部・短大部

文化財学科 4年間の学びの流れ/開講科目一覧

4年間の学びの流れ
近隣の文化財巡検
考古学資料の整理
遺跡の発掘と整理
未来をひらくカリキュラム

ほかの大学にはない授業がいっぱい。
先生方もユニークで実習も楽しいです。

港 佳夏さん
文化財学科4年 神奈川県 法政大学女子高校出身

志望大学に迷っていたときに、鶴見大学に文化財学科があることを知り、ほかの大学とは異なるカリキュラムに興味を引かれました。入学してみると、想像通りの楽しさでした。文化財と呼ばれるものには何千年という歴史があり、それが現存することに感動します。同級生たちも歴史好きで話が合うし、先生方の授業もとてもユニークです。知らないことを人に教える仕事に憧れるようになり、今、私は教師をめざしています。ゼミでは織田信長を研究中。卒論は地元、関東の北条氏をテーマにしようと思っています。

1年次

1年次に学ぶ「考古学」での座学が、
2年次の「実習Ⅱ」の遺跡発掘でとても役立ちます。

履修科目[1年次前期]2014(平成26)年度 ※その他に「実習ⅠA」(集中講義)

1年次履修科目

3年次

「読書と豊かな人間性」という司書教諭の授業では、
読書教育法のアニマシオンも学びます。

履修科目[3年次後期]2016(平成28)年度
※その他に「実習ⅢB」(集中講義)

3年次履修科目

[1時限]9:00〜10:30 [2時限]10:40〜12:10 [3時限]13:00〜14:30
[4時限]14:40〜16:10 [5時限]16:20〜17:50

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)