このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学院

大学院歯学研究科[博士課程]

鶴見大学大学院歯学研究科の開設は、1977(昭和52)年。
以来、40年以上にわたって、歯科医学の質的向上に貢献してきました。
現在は23の講座を開講し、毎年18名の大学院生を募集しています。時代の要請に応えながら、真に患者さん本位の基礎・臨床研究と優れた教育を推進しています。

サブカテゴリ コンテンツ

VOICE

研究をしながら治療スキルも身につけたい。
歯学部附属病院がある本学だからこそ両立できます。

将来は実家の歯科医院で働きたいという思いがありますが、その前に歯科医師として深い知識を身につけること、更には博士号を取得することを目的に大学院へ進学することにしました。とはいえ、研究によって治療の現場から離れてしまうのは、せっかく修得したスキルを低下させないという意味でも避けたいと思っていました。その点、本学であれば附属の病院があるため、研究をしながら治療の現場にも立つことができます。現在、平日は大学院と歯学部附属病院で研究や治療を行い、週末は開業医のもとで治療の技術を学んでいます。ハードなスケジュールではありますが、充実した日々を送っています。

川村 直矢さん
歯学研究科 歯周病学専攻
大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)