このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

大学学部・短大部

歯学科卒業後の進路

卒業後の進路

多分野に広がる歯科医療の活動領域

歯科医師が患者さんのためにできることは、歯科医院での診療にとどまりません。
歯科医療は、臨床の現場はもちろん、医療を支える研究や国内外の医療活動の場でも必要とされており、
公職や教育分野といったさまざまな活躍の可能性が広がっています。

未来の歯科医療への期待

教育

CTやMRIから得た人体の画像データから、CAD/CAMを利用してPC上で歯科技工物などをデザインし、3Dプリンターによって立体モデルを製作するなど、コンピュータ技術が歯科に応用されようとしています。

研究

幹細胞を用いた再生医療に注目が集まっており、歯科の分野でも口腔粘膜、骨、歯周組織、唾液腺など、さまざまな組織・臓器に関する再生医療の研究が進められています。

臨床

少子高齢社会を迎え、介護を必要とする高齢者のQOL(生活の質)を食の面から維持するため、歯や入れ歯の治療、リハビリテーションや病気の予防、食事や日常生活の介護との連携が必要とされています。

歯科医療人の将来像
未来をつかんだ先輩たち

大学で出会った他学部の友人たちや
仏教的な思想がヒントや支えに。

歯学科 1997年3月卒業
佐藤 信二さん
医療法人BEACH PARK 佐藤歯科医院 歯科医師/院長

生まれ育った町で親の跡を継ぎ、開業医をしています。学生時代は、歯科医師免許を取ることや開業が目的だったのかもしれません。しかし、歯科医師になって気づいたのは、開業は目的ではなく手段だということ。心柱となる志を持って働くことが、生きがいにつながるということです。今は歯科医院を基点にした“町おこし”が私の目的。そういう視点に立ったとき、大学時代に得た他学部の友人や先生、独自の仏教的な考え方がヒントや支えになっていると感じます。学生時代の出会いには無限の可能性があります。

開業医

 

歯科医師が治療以外にできること。
歯科法医学のニーズは高まっています。

歯学科 2000年3月卒業
勝村 聖子さん
鶴見大学歯学部法医歯学 准教授

本学卒業後、法医学を学びたくて東京医科歯科大学大学院に進学しました。学位取得後、本学に戻り、現在は法医歯学講座で教員をしています。私の専門である歯科法医学は、これまで歯科の分野ではあまり認識されていませんでしたが、東日本大震災や熊本地震が起き、現在はその必要性が理解されるようになってきています。一方、まだまだ人材不足なのも事実。未開拓な分野ですが、だからこそ歯科医師として今できることに、ぜひ目を向けてほしいと思います。

研究者

 

在学中に学んだこと、経験したことが
現在の進路を決め、仕事の礎になっています。

歯学科 1996年3月卒業
堀江 彰久さん
関東労災病院歯科口腔外科 部長/日本口腔外科学会専門医・指導医

鶴見大学は臨床実習を重視したカリキュラムで、在学中から患者さんと接する機会を多く持つことができました。また、口腔外科は多くの関連病院を持っているため、さまざまな経験を持つ先生方から進路指導をしていただいたことが今の仕事に就くきっかけでした。これから重要となる地域包括ケアシステムを意識した歯科医療を先駆けて学ぶことができたことに感謝です。現在、長時間手術をする機会がありますが、それらをこなせるのはテニス部で培った精神力が活かされていると思っています。

勤務医

 

歯科医療を通して国際貢献ができるのは
全国の歯学部のなかでも本学だけです。

歯学科 1989年3月卒業
永坂 哲さん
鶴見大学国際交流センター 教授

「人の役に立ちたい」という思いから、勤めていた一般企業を退職し、本学の歯学部に入学。その後、大学院を経て歯科矯正医として医療に従事しました。現在は鶴見大学全学で国際交流推進業務を担当するほか、世界各地から日本に避難してきている難民の方々の支援を行っています。難民申請者のための無償歯科診療を実施しているのは、全国の歯学部29校中でも本学が唯一。歯科診療を通して国際貢献できる喜びは何ものにも代えられません。

グローバル
教育

大学・学部パンフレット 資料請求はこちら

大学のパンフレット等、資料請求はこちらから。

資料請求(新しいウィンドウが開きます)