このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

キャンパスライフ

災害・事故等への対応

気象警報又は大規模地震の警戒宣言等が発令された場合、並びに自然災害や交通ストライキによって交通機関の運行が停止した場合の授業・試験は、原則として以下のとおり取り扱います。

各種気象警報発令時の取扱

対象となる警報並びに条件

神奈川県下に「暴風警報・大雨警報・洪水警報」が同時に発令された場合及び「大雪警報」「暴風雪警報」又は「特別警報」が発令された場合は、下記の基準を適用する。

授業・試験の実施基準

【警報解除時刻】 【授業・試験の取扱】
午前7時までに警報が解除された場合 平常どおり実施
午前11時までに警報が解除された場合 1・2時限目は休講・試験延期とし、3時限目から実施
午後1時までに警報が解除された場合 1・2・3時限目は休講・試験延期とし、4時限目から実施
午後1時を過ぎても警報が解除されない場合 全時限休講・試験延期

※授業又は試験中に上記の事態が発生した場合は、学長の判断で措置を決定し、掲示(鶴見大学ポータルシステム、大学ホームページへの掲載を含む)や緊急放送等を以って速やかに通知しますので、これに従ってください。

交通機関運行停止時の取扱

対象となる交通機関

下記2線のいずれも不通となった場合のみ、下記の基準を適用する。

JR 京浜東北線・根岸線(東京~大船間)
私鉄 京浜急行線(品川~三崎口間)

授業・試験の実施基準

【運行開始時刻】 【授業・試験の取扱】
午前7時までに運行開始された場合 平常どおり実施
午前11時までに運行開始された場合 1・2時限目は休講・試験延期とし、3時限目から実施
午後1時までに運行開始された場合 1・2・3時限目は休講・試験延期とし、4時限目から実施
午後1時を過ぎても不通の場合 全時限休講・試験延期

※授業又は試験中に上記の事態が発生した場合は、学長の判断で措置を決定し、掲示(鶴見大学ポータルシステム、大学ホームページへの掲載を含む)や緊急放送等を以って速やかに通知しますので、これに従ってください。

※神奈川県下に気象警報・気象特別警報が発表されていない場合でも、本学独自の判断で上記に準じた措置を取ることがあります。また、本学が休講または授業開始時限変更の措置を取っていない場合でも、地元の気象警報・気象特別警報発表等により本学に通学できない場合は、後日授業担当教員にその旨を申し出てください。

東海大地震等警戒宣言発令時の諸注意

すでに承知のとおり、東海大地震等発生の危険性が報道されています。これに備えて、地震発生が予知された場合には「大規模地震対策特別措置法」に基づき、地震予知の警戒宣言が発令されることになります。
この警戒宣言が発令された場合には、次の心構えで行動してください。

警戒宣言発令の伝達と授業・試験の取扱

発令の伝達
全館に放送で発令されたことを伝達する。
授業・試験
警戒宣言が発令された場合、下記の基準を適用する。
授業又は試験中の場合は打ち切りとし、警戒宣言発令中は休講とする。

授業・試験の実施基準

【警戒宣言解除時刻】 【授業・試験の取扱】
午前7時までに警戒宣言が解除された場合 平常どおり実施
午前11時までに警戒宣言が解除された場合 1・2時限目は休講・試験延期とし、3時限目から実施
午後1時までに警戒宣言が解除された場合 1・2・3時限目は休講・試験延期とし、4時限目から実施
午後1時を過ぎても解除されない場合 全時限休講・試験延期

授業・試験打ち切り後の行動について

  1. 各教室で指示があるまで勝手に行動せず静かに待機する。実習・実技中の学生は更衣し、所持品を持って本山大駐車場に集合する。
  2. 火を使用している場合には直ちに消し、ガスを使用している場合には完全に栓を閉める。
  3. 各教室の出入口のドアを開ける。
  4. エレベーターの使用は厳禁する。
  5. 交通機関の運行状況は、判明次第放送する予定。
  6. 交通機関の状況により帰宅できないものは、指示により次の場所に所持品を持って集合する。
    文学部・短期大学部……5-101・102教室教室
    歯学部……………………大学記念館大学食堂
  7. 警戒宣言発令と同時に交通が停止する地域からの通学生は、平素から家族と相談のうえ、知人等臨時避難先を決めておき、帰宅できない場合の住所を、事前に明確にしておくように心がけること。

地震発生時の措置

授業は打ち切りとします。各自持物をまとめ、放送や教職員の指示により 速やかに避難してください。
避難場所:本山大駐車場
また、携帯用「大地震対応マニュアル」をお財布等に入れておくとよいでしょう。

地震発生時の心得

  1. 出入口のドアを開ける。
  2. 窓ガラスから離れる。
  3. 机の下に身体を入れるか、丈夫な物に身を寄せる。
  4. 落下物に気をつけ頭部を守る。
  5. あわてて外に飛び出さない。
  6. 本震は1分以内であるから、震動中は行動を起こさない。
  7. 火災発生の恐れがあるので、ただちに火を消し、ガス電気等のスイッチを切る。
  8. 避難は指示により、避難順路に従い、特に階段は注意する。
  9. エレベーターの使用は厳禁する。
  10. 本学の緊急避難場所は、本山大駐車場とする。
  11. ハンカチ・タオル等を携帯し、不安定な靴・サンダル等はなるべくさける。

帰宅対策の準備

大規模地震の発生により公共交通機関が停止すると、通勤・通学等で外出中の多くの人々が帰宅困難になってしまいます。通常の交通手段が使えない場合を想定して、徒歩帰宅に備えた準備をしておきましょう。
また、横浜市は「パシフィコ横浜・国立大ホール」及び「横浜アリーナ」を一時宿泊場所として指定しています。

徒歩帰宅可否判断基準
(下記項目に1つでも当てはまる場合、徒歩帰宅はお勧めできません。)
・自宅までの距離が20km以上ある。
・2.5km/時で歩行した場合、帰宅予定時刻が日没以降となる。
・携帯電話等の通信機器を持っていない。
・自宅までの道のりをよく知らない(地図を持っていない)。
・自宅までのルートが通行制限区域及び火災発生地域になっている。
・同一方面の帰宅者がいない。
・運動靴等の歩きやすい靴を履いていない。

日頃から携帯しておくと便利なもの
・簡易食料(チョコ、あめなど)
・医薬品(ばんそうこう、胃腸薬、解熱剤など)
・ハンカチ・タオル
・携帯充電池

災害用伝言ダイヤル(171)

災害用伝言ダイヤル(171)は、地震など大災害発生時に安否確認などの電話が爆発的に増加し、つながりにくい状況になった場合、提供されるサービスです。
加入電話(ブッシュ回線、ダイヤル回線)、公衆電話、ISDN、携帯電話・PHSや一部のIPの電話、また災害時にNTTが避難場所に設置する特設公衆電話などから「171」をダイヤルすることで利用できます。

防災訓練の実施

地震や火災等の災害はいつ起こるか分かりません。普段から地震への備えを行っておきましょう。地震時の「地域防災拠点」や「広域避難場所」について等、鶴見区の防災情報は鶴見区役所のホームページに載っていますので確認しておいてください。また、「地震発生時の心得」は学内だけでなく、学外においても役立ちます。熟知し、災害への心構えをしっかり持つことが必要です。
本学では学内においての大規模地震発生とそれに起因して起こる火災発生を想定して防災訓練を行っています。防災訓練は、毎年10月の第3木曜日2時限目に実施しています。今年度は10月15日(木)です。在構中の学生は全員参加してください。

関連リンク